人気ブログランキング |

生活チープサイド

不幸の刺客

図書館へ行くバスを待っていたら、自転車を引いて歩きながら、携帯で話している男の人がいた。
「それは精密検査を受けた方がいいよ」という言葉が耳について、今そういう言葉に敏感になっている私は耳をそばだてた。

相手に応えてその人は言う。
「すい臓がそんな痛むわけないから」
私はぎょっとした。
思わず顔を見た。
眉をひそめて心配そうな、なだめるような顔のその人。
私の凝視にも気付かず、40歳くらいのその人は通りすぎた。
私はその背中を見送りながら、走っていってその人の肩を揺すぶりたかった。

一刻も早く、一秒でも早く検査した方がいいですよって。
小さな病院じゃなく、できれば大きな病院で。
内科ではなくて消化器科がいいですよって。
CTを必ず受けて、腫瘍マーカーを見てもらって。
すい臓がんは本当に見つけにくいから。
ほんとうに怖い病気だから。


不幸の刺客はこうやって、日常に突然忍び寄るのだ。
こんな、なまあたたかい、雨の降りそうなありふれた日に。
普通の顔でやってきて、翌日から人の人生を変えてしまうのだ。

通りすがりのあの人の電話の相手が、どうか怖い病気ではありませんように。
不幸なんて、少ない方がいい。
どんなに薄い縁でもそう祈ってしまうくらい、私はいま不幸が憎らしい。
by sima-r | 2008-05-05 15:45 | Mother
<< 猫のホテル「けんか哀歌」 好きなものの力 >>


るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧