生活チープサイド

ザ・クロマニヨンズライブ@さいたま市民会館おおみや

ケイブパーティツアー、ついに最終日。
11月に初めて中野で彼らを見たときは、この日が来るのがなんだか信じられないくらいだったのに、時間はちゃんとすぎているのだな。

当日、友人ちまと大宮駅集合。
ちまたんは突然髪が50センチくらい伸びてかわいくなっていたので(もちろんエクステ)、「マーシーは長い髪が好みなんだ?」とか言っていじめて遊ぶ。
市民会館はけっこう遠くて、ちまたんの地図を頼りにきょろきょろしながら向かう。
でも、途中から突然皮ジャン人口とかケイブTシャツ率が高くなり、全然迷わずに行けました。ブラボークロマニヨン人!

席は12列、いちばん右の壁際。
ここの会館の壁って、なんか固くてデコボコしてるのでした。
こ、これは熱狂して腕を振り回したら、腕がすりおろされてしまう・・・!!
そして足元は狭い。しかも端っこなので段差もあって、下手すると転ぶかも?というゾーンでちょっと怖かったです。
3人がけ席で、隣はどんな人たちが来るのかな?と思っていたら、若いきれいなお母さんと、たぶん4歳くらいの女の子が来ました。
うらやましすぎる!4歳でロックの洗礼だなんて!!
でも、暗いし音も大きいし大丈夫かな?と思っていたら、ライブの間その子はちゃんと席に立って、こぶしを上に上げてました。
いいなあ、かわいいなあ!!

そして前説のお兄さん登場。
前回の千葉、私は電車の遅延で3曲聴き逃したので、前説聞くのは渋谷ぶり。
いきなりカミカミのお兄さんに笑いのおきる会場。

そして、クロマニヨン人たちの叫び声が流れて、ヒロトたち登場!
え、右から??
これまでずっと左からの登場だったのだけれど、今回は右から登場。なんか新鮮でした。

そしてギリガン、ジョニー、メガトンの三連発!!
うわーん、これが聴きたかったんだよー!!
高く飛んで宙で足をぱっと広げるヒロトは、いつもながら超かっこいい。
ジョニーが始まる前、ヒロトは「ようこそ!」って言ってました。
そして、曲の最後のところを「お、お、み、や、ジョニー!お、お、み、や、ジョニー!」と歌うヒロト。
そうか、この曲が最初の方なのは、クロマニヨンズからの「来たよ!!大宮!!」というプレゼント的意味があるのだなあと、今さら気がつく東京都民。
メガトンの、「メガトンブルース!!」の連呼のところで、私はいつも「エイエイオー!」ポーズなのですが、今回も気持ちよくエイオウしてきました。もう最高。

で、最初のMCタイム。
しょっぱなから、「今日が最終日だからといって、特別なことは何もありません!」という高らかな宣言。
やっぱね、そうだろうと思っていたよ・・・。
でも、「えぇ~!」とどよめく会場。
「今え~!って言った人は、これからロックンロールがなんであるかを知ることになります」と渋く言いはなつヒロト。
「最終日だから特別じゃないんだよ、ロックンロールだから特別なんだよ!!」と。
相変わらず、ズシンとくる一言。

そして「はさんじゃうぜ」。
今回はこれがよかったなあ。
「いま力出さなければ、いつ力出すんだよと」。
なんだか、クロマニにはまってからずっと、この言葉が私を励ましてくれてた気がします。
だって、いま、こんなクロマニヨンズが好きなのに、いま力出さなくていつ出すんだ!
好きって気持ちを押さえたり、大人ぶってクールに構えたり、そういうのはもうやめだ。
好きなときは、好きなだけ好きって言う。
たぶん、今の好きは今だけだから。
タリホーで歌われるように、かたちは変わるから流れていくから、今この瞬間を、ちゃんと好きでいたいと思う。
そしてこれ、クロマニヨンズとか音楽とかだけじゃないよね。
全部に言えることだよね。
刹那主義とかそういうんじゃなくて、いま目の前にあるものを大切にすること。

「レフュージア」。
これも、今回よかったなあ。
冒頭のドラム、CDよりも強い。ズッ、タン、ズッ、タン、ってとこ。
ライブだと、カツジの存在感が強くていいですね。
千葉の時にも思った土星の最初のタイコのとこも、やっぱ今回も強くてかっこよかったです。
叩き方を変えたのかそれとも機材が変わったのか、素人の私にはわからないけれど。
ヒロトは、「レフュージア」という言葉の繰り返しのところ、いつもと歌い方変えてた気がします。
ちょっと押さえ気味な感じで、曲の雰囲気に合ってました。

そして、全国のヒロトスキーの皆さんお待たせいたしました!
「ロージー」&「ゴーロマンス」、ヒロト・セクシー・ラインのお時間です!(笑)
もう、ほんとこの流れ大好き。かっこよすぎる!!
今回はロージーの途中でマーシーが持ち場を離れてヒロトのとこ行って弾いてました。
もう、なんすかこの2ショット!!!
赤いライトに照らされた二人があまりにかっこよくて、なんか正視できないくらいでした。
そして「ワラ」のところで片手でのどを押さえて、片手を前に伸ばして何かをつかもうとするヒロト。
友人ちまの千葉のレポで、「ワラ」は「WATER」のことだ!という見解を読んで、そうだったのか、と腑に落ちた気がしました。

そうか、ロージーは物語なんだ。
ヒロトの中に、ある物語があって、だから他の曲とちょっと違う感じがするんだな。
なつかしい感じのメロディ。
ギターソロも他とは全然違う印象だし。
そして、主人公がいる歌だから歌い方も違ってくる。
ロージーでは、演じるように彼は歌う。
ああ、その物語を知りたい、知りたいなあ!!

「ゴーロマンス」は・・・ああ・・・あんまりおぼえてないです。
なんせキチガイになってたもんで・・・。
やっぱああいう曲は、ライブで聴くと燃えますなあ!!

で、ここで予定外のMCタイム。
「いろんな楽しみ方があるけど、今日はみんな大きい声で歌って踊ってってください!」
「・・・と言っておいてなんだけれど、次の曲では、俺が次の曲のタイトルを言ったらやる気のない返事をして下さい!」
というMC。
「むしむし軍歌」の最初の「おーい」はやる気のないコールで、というリクエストは、横浜でも渋谷初日でも言っていたけれど、あれれ、もうむしむしだっけ?と思っていたら!
カツジ、手を振ってる。
ん?お客さんに手を振ってるのかな?珍しい、と思ったら、それはヒロトに向けての「曲順違う!」というサインだったのでした。
俺曲順間違えた!?と焦るヒロト。
「ここはMC入れるとこじゃなかった!」と言うヒロト。
わー、なんか得した気がする!かわいいなあ。
指をくるくる頭のへんで回しながら、「ゴーロマンスやって、そうだいっぱい踊ったよね、で・・・」と記憶をたどるヒロトに、マーシーが
「じゃーん!!」
と、「ワハハ」のキーを鳴らしてあげてました。
「そうだ、ここでキーもらうんだよ!」とほっとするヒロト。
「あと何曲か後に、さっきとまったく同じことを言うけど、初めて聞いたみたいな新鮮な気持ちで聞くことが、この会場のみんなならできるはずだ!」という言葉に笑い声のおきる会場。
そのとき、会場の左の方から「そんなの関係ねえ!」という男の人の声が響いて、ヒロト、笑った。
「ありがとう、助かったよ」って言ってた!!
グッジョブ!!その男の人!!

そして始まった「ワハハ」。それから「うめえなあもう」だっけ?
その後にもう一度、「みんな、今日は大きな声で歌って踊ってってください、でも・・・」と、ほんとにさっきと同じMCではじまった「むしむし軍歌」。
今回の「おーい」は、過去最高のやる気のなさ。
あの会場にいた人、みんなグッジョブ!!ビバ大宮!!

「MC間違えたことなんて帳消しになったところで踊れる曲を」、ということで「こたつねこ」。
私はこの曲、実はわりと印象薄いんですが、マーシー好きな友人ちまが「こたつねこはマーシーが楽しそうだよ!」と言っていたので、マーシーに注目。
右手を素早くぴーんと伸ばして弾くところがあって、あれは楽しそうだなあと思いました。

その後だったかな、ヒロトが「愛してるぞー!!」って言ってくれたのは。
2回くらい言ってヒロトスキー達の心をわしづかみにした後、「好きとはかぎらないけど」と落とすのもいつもどおり。
「だってよく知らないし」とも言っていたな。
ヒロトの、「好き」と「愛する」をきちんと分ける考え方が好きだ。
安易に使ってしまいがちな言葉を、ちゃんと大事にしているのだなと思う。
「嫌いな人だって、愛することができる」という言葉。
すごいな、ほんと、かなわないこの人には。

で、「愛…」とつぶやいたヒロト。
「愛は…土星を救う!!」と言ってから、「土星にやさしく」のはじまり。
なんか、このへんで私何かがぷつんと切れて、すっごい自由な気持ちになった。
超自由!!
どこまでも踊れる!!飛べる!!
ワッショイ!のとこで力いっぱいジャンプするのが大好きです。

そのあと「キラービー」と「グレート」かな?
ここで、ちょっと心配になったこと。
ヒロト、キラービーのとき音取れてなかった。
「おーまーえのー」から始まる小節のとこ、1番2番ともずれていました。
そのたびにドラム前まで戻って音を取ろうとしてるんだけど、もしかして聴こえていないのかと思って心配になりました。
ここのとこライブスケジュール過密だったし、沖縄でもゆっくりできなかったろうし。
どうか、杞憂でありますように!

それでも、その後の「夢の島バラード」は。
いつものヒロトだ。
あの私の大好きなビオラ声。
ただ、最初のキーをマーシーが弾いてみせたとき、ちょっとマーシーが気遣わしげだった気がする。
私の思い込みかな、気のせいだといいんだけど。
マーシー、いつもあんなふうにヒロトを見ながらキーを出していたっけ?
でも、そんなの吹き飛ばすくらい、ヒロトの歌は最高でした。

そうして「ゼロセン」。
クロマニヨンズ最強の「おしり・フリフリ・ソング」!!
(ちなみに次点のおしりフリフリソングは「うめえなあもう」だと思います)
「スリルの上で宙返り」のところで、逆光になった前の方の客席の人が、ハンカチをくるくる回してるのがシルエットで見えて、あれ、いいなあと思いました。

そして、「タリホー」、「紙飛行機」。
紙飛行機でヒロトがめちゃくちゃ手を振ってくれるので、うれしいやら寂しいやら。
スイスイスララのところで、ヒロトが手をかざしてゆっくりすべらせる、あの仕草が好きです。
そしてストンプ。
飛んで叫んでギャーっとなってキチガイになる、最高潮。
そしてストンプ後の去り際、マーシーが「またねー」って言ってTシャツ脱いで、客席に投げていました。
うわ~お、誰だもらった人!!!

そしてアンコール、「いきなりくる」「くじらなわ」。
くじらのとき、「この曲はファーストアルバムの中の有名な曲で」、とヒロトが説明して、ちょっとその言い方が面白かったので客席が笑って、「なんで笑うんだよ」とヒロトも笑っていました。
「大宮にまつわる3文字の言葉を募集しています!」という言葉に、まず上がったのが「三沢」。
「三沢は越谷の人だろ、越谷と大宮はそんなに関係が深いの? でもまあいいや、お前言いたそうだから」と採用に。
で、三沢についてのヒロトの解説。
「三沢は、汗が目に入るとこうやって指でぬぐうんだよ。で、エルボーなんとかがすごいんだ」とか言って実演して見せるヒロト。
横浜のときの「三沢」コールを思い出して笑ったなあ。
あと、最前列の人がタイガースのユニフォームを着てきてたらしく、「それ作ったの?」と言って「よかったね」と微笑むヒロト。

そのあとが、「鉄道」!!
ヒロト、はたと手を打って、「そうか、鉄道博物館ができたんだよね!」と言って、「てー、つー、どう-」は言いにくいから「電車」にしよう、と言って採用。
渋谷二日目の、2階席の小さな男の子!!
君がひっぱりたかった「でんしゃ」、ひっぱったよ!!よかったね!!
そして3つめは「氷川」。
そうか、氷川神社があるから?と言って採用に。
でも、「明日になったら何ひっぱったか忘れちゃいそうだけど、いいの?」とその人を見て、「よかったね」と言うヒロト。
もうなに~?なんでそんな優しいんだヒロト!!

で、チブ。
市民会館は照明がしょぼいのはよくわかりました。
でも、曲は相変わらずものすごいテンション!!
どんどん早くなっていく曲、3周目のところでヒロトが「行くぞー!!!」と叫んでいました。
もう、このへん記憶ナッシング。楽しくて!!

ラスト、「あさくらさんしょ」。
「わかったんじゃない思い出したんだ」って、いつ聴いてもぐっと来る。
ここは、ここだけはもう、超合唱。
合唱バカと呼ばれてもいい。
照明が客席の方まで少し照らすから、それまで真っ暗だった客席が、すごく盛り上がってるのがわかる。
振り上げられた手、手、手。
みんな飛んでる、みんな歌っている。

ありがとうって、言いたかったんだ。
もう、曲もリズムも関係なく、ただそう伝えたかったんだ。
脇腹はすごい痛かったし、足もいつつるかわからなくてへとへとなんだけど、それでも。
ありがとうだけは言わなくちゃ。
あの、最高の人たちに言わなくちゃ。

曲がすべて終わってしまって、メンバーが前列の人たちとハイタッチしている時。
警備の人たちは、みんな黙認していた。
あとからあとから走っていく人たち。
私も、12列目だったけれど走っていた。決断は早かった。
最前列まで、眩しいライトで照らされたあの人たちのところへ。

そうして握ったヒロトの手。
ヒロトの手は、あたたかかった。
思ったより指が太くて、ちゃんとそこにいる感じがした。
時間にして2秒くらい?
離したくなかったけれど、ヒロトから手を離すことはしないでいてくれて、それは中学2年に戻ってしまってる私には、もうそれだけで十分な優しさだった。


ずっと夢見ていた。
ヒロトとハイタッチできることがあったら、「大好きだよ」って言おうと思ってた。
でも、いざそのときになったら、私は「ありがとう」しか言ってないのだった。
何度も何度も、ありがとうありがとうって。
そのときにならないと、ほんとに言いたい言葉って出てこないのかもしれない。
私は、何よりも彼らに、「ありがとう」って言いたかったのだな。


最終日だから、泣いてしまうかと思っていた。
でも泣かなかった。
ほんとに楽しかった。
こんな最高の人たちと、最高の時間をすごせた幸せ。
最高の季節をありがとうって、今も言いたい。
[PR]
by sima-r | 2008-02-02 00:32 | クロマニヨンズ!
<< GOD & KING! ロックンロールだから特別なんだ! >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧