生活チープサイド

子宮外妊娠のこと

2/3から2/15まで、入院をしていました。

理由は、子宮外妊娠のためでした。

妊娠がわかったのは、1/20のこと。
うれしくて、さっそくその日に水天宮に夫とお参りに行って、毎日写真を撮ろうねと言っていた。
仕事に行っても嬉しい秘密ができたような感じで、おなかがほんのり温かいのも、おなかが空くと吐き気がするのも嬉しかった。
でも、その4日後から出血が始まり、これは流産になるかもしれないと思った。

妊娠初期の流産はよくあることで、10人に1人以上が流産するということも知っていたけれど、それが自分の身に起こるかもしれないと思うと、本当に悲しかった。
理屈ではなくてただただ悲しくて、そのときに、私は生き物がいないとだめなのだと思い知った。
病院から帰って、1人で泣いているとき、今ここに動物さえいてくれたらと思った。
これまでにも辛いことはあったし、生きるのもしんどいような思いをしたこともあるけれど、ここまで切実に辛かったことはなかった。

あまりに悲しすぎると、人には言えなくなるものなのだということも知った。
「流産」と口にしたら、本当になってしまうような気がした。
基礎体温表の備考欄に、毎日出血のことばかり書くのがつらかった。
妊娠本を読みあさり、流産の項目を暗記するほど読んだ。
ネットで流産のことを調べ、出血があっても無事に妊娠継続できた体験談を必死で探した。
少しでも希望が持てることが書いてあると心は舞い上がり、だめだったのを読んでは泣いた。
流産予防にいいとあればビタミンEや葉酸のサプリを飲み、3食完璧な食事を作った。
なんでもしたかった。
1週間があんなに長かったことは、今までなかった。

2月3日が6週目にあたる日で、その日に子宮内に赤ちゃんが見えなかったらおかしいのだと言われた。
その日、夫と病院に行くと、やはり子宮に赤ちゃんは見えなかった。
流産か、可能性は低いが子宮外のこともあるので大病院に行けと言われ、その足で紹介状を書いてもらった大病院へ行った。
すると、腹腔に血がたまっており子宮外妊娠の可能性が限りなく高いという診断で、そのまま緊急入院することになったのだった。
あれよあれよというまに車椅子に乗せられ、レントゲンを撮り心電図をはかり採血された。
いつでも手術できるよう禁飲食が言い渡され、1週間近く点滴だけの生活になった。

子宮外妊娠は、子宮以外の卵管などの狭いところでどんどん赤ちゃんが育ち、卵管がそれに耐えられなくなって破裂すると大出血となり、母体の命も危うくなるものなのだそうだ。
私の場合は、出血は続いていたけれど痛みも強くはなく、おそらくは子宮外妊娠したが流産したのだろうということだった。
体内に妊娠してできた組織がなくなれば、妊娠ホルモンも少なくなり、それがゼロに近づけば開腹手術はしなくてすむとのことだったので、子宮内のものを掻きだす手術を受けた。
それでもホルモン値は下がらず、CTの写真の右の卵管のあたりに何か丸いものが見えた。
これはやはり手術をしなくてはならないということになり、2/9に開腹手術をし、右の卵管を切除したのだった。
切除した卵管は、ボールペンくらいの太さの管の途中が、ピンポン玉くらいにふくらんでいた。

子供がほしいと思えるようになるまで時間がかかった私にとって、卵管がひとつなくなるというのは、やはり大きな決断だった。
やっと、やっとほしいと思えるようになったのに、神様はなんてひどいことをするのかと思った。
それでも、左の卵管はまだ残っているし、卵巣はまだふたつある。
不安はたくさんあるけれど、今はからだを治して、早く健康になることだけを考えようと思っている。

退院する日、年配の看護婦さんに呼び止められた。
「残念だったわね」と言われた。
その看護婦さんの娘も流産してしまったのだけれど、私も受けた子宮をきれいにする手術をして、今妊娠5ヶ月なのだそうだ。
子宮をきれいにする手術をした後は、妊娠しやすくなるのだとも聞いた。

2週間近く入院して、病院の人から、私の赤ちゃんがだめになってしまったことを「残念だった」と言ってもらえたのはその人からだけだった。
皆、いい人たちだったけれど、子宮外妊娠という「病気」の人としてしか見てもらえなかった。
違うのだ、私は病気だったんじゃないのだ。
私は、短い間だったけれど、「お母さん」だったのだ。
初めての妊娠で、楽しみにしていた妊娠で、赤ちゃんが死んでしまったのだ。

ネットで、子宮外妊娠や流産をキーワードにして探すと、驚くほどたくさんの人が、このことで悲しんでいることがわかる。
掲示板には、流産の不安に悩む人が毎日新しく現れる。
これほど辛いことが、こんなにもたくさんの女性に起こっている。

産んであげたかった。
抱いてあげたかった。
切り取った卵管も、出血も、子宮内から掻きだしたものも、何も怖くなかった。
できることなら、赤ちゃんを飲みこんで、もう一度産んでやりたいとすら思った。


だから本当に、産まれてくる赤ちゃんは奇跡なのだ。
10ヶ月、子宮の中で育まれ、生きて、健康で、この世に出てくるというのは、なんという大きな奇跡なのだろう。
今おなかに赤ちゃんがいる人、これから持ちたいと思っている人すべてに、トラブルなく元気な赤ちゃんが産まれることを祈る。
1人でも、私のように悲しい思いをする人がいなくなるといい。
全部がうまくいって、不安な思いもすべて笑い話になるような、そんな奇跡が、誰にも起こるようになればいい。
[PR]
# by sima-r | 2007-02-19 17:47 | Maternity

生き物がいないとちゃんとできない

ほんとに、私は生き物が近くにいないとだめなのだなあと思った。

辛いことや悲しいことのレベルが上がれば上がるほど、常軌を逸するくらい生き物にそばにいてほしいと思う。
猫や犬が飼えればいちばんいいけれど、それもかなわないなら金魚でもいい。
虫でもいい。
ゴキブリでも、たぶん今なら飼えるし愛せると思う。
自分が弱れば弱るほど、生き物が同じ部屋にいることの素晴らしさに焦がれる。
動物好きとかそういうレベルですらなく、ほとんど心の病として私は生き物がいないとちゃんとできないのだと思った。


あまりにつらいので花を買いました。
動かなくてもいい、生きてさえいればいい。
こんなちいさな鉢植えでさえ、きちんと生きている。
そんなことで、こんなにも救われてしまうくらい、この世の中は悲しいことが多いのだと思う。
[PR]
# by sima-r | 2007-01-27 12:51 | Animal

水槽がやってきた

e0098856_12522911.jpg
いろいろ思い悩んだ末、金魚を飼うことにしました。

カメを飼いたい!と思ったりもしたけれど、寿命が40年というのに腰が引けたのと、この春ペット可の部屋に引っ越したらいよいよ猫を飼う予定なので、絵本の「いたずらこねこ」みたいになってしまうと困る!と思って保留することに。

でも、春までの間、家に何も生き物がいないのが本当に耐えられなくなって、とりあえず金魚から始めることにしました。

そして、調べれば調べるほど、魚の飼育は奥が深いものだった。
水槽を買って水を入れて塩素を抜けば、もう魚って飼えると思っていたのだけれど、濾過装置にバクテリアが繁殖するまでは水の濾過が正常に行われないので、そのままでは金魚が死んでしまうのだそうだ。
バクテリアが繁殖するまでの期間は、魚を入れずに30日以上はかかるのらしい。(水だけだと栄養素がないのでもっとかかる)

水作りのサイトなどもいろいろ調べたけれど、やはりどうしても早くほしいので、1週間だけ濾過装置を水だけで空回しして、来週末にバクテリア付きの濾過装置と金魚を一緒に買ってきて、水の汚れはこまめな水替えでしのぐ、という方針にしようと思う。
横浜の「よこいち」という有名な金魚店で、バクテリア付きの濾過装置が売っているのだ。

飼いたい金魚も、大体しぼられてきた。
最初はらんちゅうのかわいさにしびれたりもしたけれど(以前は、らんちゅうはなんか放射能浴びた魚っぽくてコワイと思っていたのだけど、実物見るとめちゃくちゃかわいい)、今は大体下記の金魚かなあと思っている。

・ 更紗琉金(赤と白の琉金)
・ 素赤琉金(朱色一色の琉金)
・ キャリコ琉金(白・黒・赤の三色のまだらの琉金)
・ 丹頂(白地に頭だけが赤い。成長すると赤い部分が肉瘤に)
・ 黒出目金(全身真っ黒の出目金。目が弱い)

買った水槽が41センチ幅と小さめなので、このうちから3匹までを限度に選ぼうと思う。
楽しみ!


<水槽スペック>
・ 水槽    : テトララウンドグラスアクアリウム(RG-40) 41×25×38cm
・ 濾過装置 : テトラエックスパワーフィルター(EX60)
・ 照明    : テトラリフトアップライト(LL-3045)
・ 水草    : アナカリス
 
[PR]
# by sima-r | 2007-01-22 22:54 | Animal

ムツゴロウ王国 第6回ティーチイン

1月13日は、東京・あきる野のムツゴロウ王国にて第6回目のティーチイン。

今回のテーマは「馬のすべて」。
今年は馬に乗る年にしたいなあと思っていたので、楽しみに参加する。
冒頭、ムツさんが「今日はサプライズがあります!」とにこにこするので、何があるのかと思ったら、なんと「会場に実際の馬が登場します!」とのこと!
会場は2階、中は電気が煌々、人がぎっしり、という状況で、本当に来られるの?
と思っていると、ガコーンガコーンと鉄の階段を上る音がして、白い道産子のシシマルの背中に、乗馬犬ディタ(ジャックラッセルテリア)がしっかり乗って登場したのだった。
参加していたサラブレッドの調教師の人は、「僕らのようにサラブレッドを相手にしている人間から見ると、信じられない光景だ」と言っていた。

やはり、都会に住んでいると馬とふれあう機会はなかなかないので、実際の馬を見ながらの講義はとても面白かった。
何よりも勉強になったのは、動物を相手にするときのムツさんの動きや、声の出し方だ。
低い、小さいくらいの声で、「どうした?どうしたの?」と声をかける。
本で読んでもテレビで見ても伝わらない、落ち着いたトーン。
そうか、こういうふうに話せばいいんだな、と腑に落ちた気になる。

原始の馬から現代の馬までの博物学的な話、馬の出産の話、ムツさんと暮らした最初の馬ポンコとのエピソード、モンゴルの過酷な競馬「ナーダム」に参加したときのこと。
いろいろな話を聞いて、今回もノートはメモでぎっしりになった。

次回は2月10日だそう。
予定を開けておかないと。
[PR]
# by sima-r | 2007-01-13 20:25 | Animal

タワシと戦う柴犬

夫が、こんな動画をみつけてくれました。

e0098856_17573161.jpg・タワシ戦記

タワシと戦う柴犬です。



直接さわると怖いので、近くの地面をひっかいてみたり、自分で動かしたひもに驚いたり。
飼い主さんが見ていることに気づいたとたん、垂れていたしっぽがマキマキになるのもかわいい。

やっぱ柴犬っていいなあ。
柴の雑種を飼っていたので、巻き尾と立ち耳にキュンとします。
[PR]
# by sima-r | 2007-01-08 18:01 | Animal

ムツゴロウ動物王国へ

e0098856_1712290.jpg


2ヶ月ぶりにムツゴロウ動物王国へ。

昨日の雨が嘘のように、快晴の一日。
もちつきイベントと、1月生まれの王国犬誕生会に参加。
初めてドッグカート(犬二頭が子どもを乗せて走る)が走っているところが見られました。

今は王国は出産ラッシュ。
ラブラドール(黒)のユニと、ウェルシュコーギーのウリ、チベタンスパニエルのレニー、あとは無毛の犬種であるヘアレス犬のキラが出産済み。
今後は、サモエドのダーチャと、柴犬チャチャ、三毛猫クリスの出産があるようです。
私自身は、育って味の出てきた犬や猫が好きだけれど、人でも動物でも、赤ちゃんの時期はほんとに一瞬なので、なるべく見ておこう!と思っています。

写真の猫は、左がキンコ、右がピッケルの兄弟。
王国の犬の名前はおぼえてきたけれど、猫の名前はまだ全然おぼえられません・・・。


<今回覚えた犬の名前メモ>
・ タケ (毛足の長いミックス。抱き合って記念写真)
・ 焼(読み:しょう) (コリー的な風貌だが目が青い)
・ ターキー (頭が黒いシェパード)
・ ライカ (頭が黄色いシェパード)
・ チロル (大きいサモエド)
・ コニー (チベタン老犬、白い)
・ ピアノ (ワイマラナー、小柄)
・ セロリ (ハッシュパピーの犬。クレアより大きくて黒っぽい)
・ さんちゃん (茶色くて巨大)
・ アンズ (パグ老犬、しっぽがほどけがち)
・ ベコ (有毛のへアレス・落ち武者似)

<今回覚えた猫の名前メモ>
・ キンコ (チャトラでしっぽが丸い)
・ ピッケル (チャトラでカギしっぽ)
・ マスター (白黒ブチ。口ひげ模様)
・ クリップ (白がちの三毛)
[PR]
# by sima-r | 2007-01-07 17:43 | Animal

あけましておめでとうございます。

正月中は、夫の実家でごちそう三昧でした。
あんなにアマエビを食べたのは人生で初めてです。

今年の抱負は、まず、健康であること。
そしてもっと地に足をつけて、すぐに動揺したりしない精神力をつけたいです。

あとは、今年中に生き物を飼いたいです。
いま、カメが熱い!(私の中で)
リクガメもいいし、日本古来のイシガメやクサガメも好きだし、迷い中です。
長く生きるものなので、よく考えて決めないと。

また、ほそぼそとやっていきますので、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by sima-r | 2007-01-04 20:02 | Days

12月の読書

さて、12月の読書です。

12月はまんがばかり読んでいました。
今月は本にあまりいい出会いがなかったのだけれど、まんががよかった!
以前の日記にも書いたけれど、今市子の『百鬼夜行抄』がすばらしい。
会社でオタクをオープンにして以来、いろいろな人がまんがを貸してくれるようになって嬉しいかぎりです。

本の1番は、ウィリアム・プルーイットの『極北の動物誌』でしょうか。
動物学者である著者が、アラスカのタイガとツンドラに生きる動物たちの暮らしを描いた本なのだけれど、文章がとにかくすばらしい。
マイナス40度の世界で、タイガの針葉樹林がどんな音を立てるのか、ネズミやキツネ、オオカミ、カリブーたちがどのように動くのか、ほんとうに生き生きと書かれています。
動物写真家の星野道夫が、この本を読んでアラスカへの憧憬をかきたてられた、というのもうなずける一冊。


■今月読んだ本■

『盗神伝I ハミアテスの約束』 M・W・ターナー/金原瑞人・宮坂宏美訳
『盗神伝II アトリアの女王~復讐(前編)~』   〃
『ブラッドベリがやってくる』 レイ・ブラッドベリ/小川高義訳
『キューソクの野鳥らぷそでぃ』 岩本久則
『サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカンライフ!』 滝田明日香
『極北の動物誌』 ウィリアム・プルーイット/岩本正恵訳
『ムツゴロウの動物巷談』 畑 正憲
『バッテリー1』 あさのあつこ
『すべてがFになる』 森 博嗣
『女子と鉄道』 酒井順子


■今月読んだまんが■

『百鬼夜行抄』(1)~(8) 今市子
『岸辺の唄』 今市子
『花より男子』(1)~(25) 神尾葉子
『観用少女(プランツ・ドール) 』(1)~(2) 川原由美子
『PLUTO』(4) 浦沢直樹
『あたしんち』(12) けらえいこ
[PR]
# by sima-r | 2006-12-31 19:45 | Books

おおつごもり

あっというまに、今日はもう大晦日なんですね。

今年も、大きな怪我もなく、病気もせず、元気ですごすことができました。
考えるべきことは多いですが、それらについても逃げずに考えることができたと思います。
親の問題など、まだ解決していないこと、解決できそうもないこともありますが、
短期間で結論を出すのではなく、長い目で考えていけたらと思います。


これから、父と姉と昼食後、そして夫の実家の愛知に向かいます。
皆さんもよいお年を。



--
今月の読書は、年明けにこっそり更新します・・・。
[PR]
# by sima-r | 2006-12-31 09:47 | Days

週末。

いろいろなことがあった週末でした。

土曜日。
夫と三鷹でやっていた「はざまえいじ 画と器」展へ。
はざまえいじさんは、新聞やカレンダーなどに作品を発表していた貼り絵画家だ。
知り合いのつながりで行ったのだけれど、印刷されたものを見たときは「ちょっと田舎っぽいかな」と思った画が、原画だとものすごく緻密で、平面なのに立体的でとてもよかった。
竹富島の白いサンゴの道を牛車がやってくるところなんて、石垣に咲いているアカバナーがこぼれ落ちるようだった。
海辺で海亀をみつけた兄弟の画は、その子らの表情がすごく生き生きしていて、夫と、「これは雨上がりに家に内緒で海亀を探しに来たんだね」「このあとお母さんが出てきて怒られるんだよ」と、画の続きを考えたりしていた。

絵が描ける人って、もともと尊敬しているけど、貼り絵っていうのもすごいなあ、と思った。
いろいろ説明をしてくれた家族の方に悪い気がして、夫と絵葉書を10枚ほど買って帰る。

e0098856_20295137.jpg


返す刀で、今度は荒木経惟の「東京人生」のために両国へ。
江戸東京博物館で開催されていたイベントだ。
常設展示の中にまぎれるようにしてアラーキーの写真やビデオが上映されていて、面白い試みだと思った。
「センチメンタルな旅、冬の旅」や「陽子」、「さっちん」など、好きな写真がじっくり見られてよかった。


そしてさらに返す刀で、母宅へ。
クリスマスということで泊まったのだけれど、些細なことで母が激昂したりするので、毎度のことながら疲れきる。
子育てのことなど母を頼ろうかとも思っていたけれど、考え直そうかと思う。

子育てに対して、心からいいものと思えないのは、母の影響が強いよなあと思う。
非常にネガティブな気持ちで、食欲もなくなる。


そして今日、クリスマス当日は、仕事の当番のおかげで朝5時起きで出社。
5時って、まだ夜です。

さらに朝礼の当番でもあったので、全社員の前でスピーチ。(テーマは「自分の目標となる仕事上の先輩をみつけよう!」)

さらに部長の機嫌が非常に悪く、罵声飛びかうすさんだ雰囲気の中で仕事。


なんか、あれですか。
クリスマスイブとクリスマス当日は、天秤座は厄日だったんでしょうか?
[PR]
# by sima-r | 2006-12-25 21:26 | Days



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧