生活チープサイド

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あの日のこと

土曜日、おなかが痛くなった。
生理痛のような鈍痛。
2時間半ごとに痛みが強まる気がして、とても怖かった。
日曜日にはそれはおさまったのだけれど、今日になってまた痛くなってきた。
とても怖い。

ピースケを産んだ時も、こんな痛みから始まった。

朝起きたときからなんとなく痛くて、だんだんそれが強くなっていった。
おなかの張りは全然ないので、下痢じゃないかと看護師さんや先生に言われた。
そうかと思って何度もトイレに行ったけれど何も出ず。
夕方にほんの少し出血があってナースコールしたけれど、張りもないし様子をみようということになった。

夜11時頃に痛くて目が覚めた。
歩くこともできなくなり、車椅子でトイレに連れて行ってもらった。
でも出ない。
当直の年配の看護師さんは、私に睡眠薬を飲ませて眠らせようとした。

しかし痛い。
またナースコールすると同室の人を起こしてしまうので申し訳なくて、一人でトイレに行った。
痛くて痛くて、スリッパも履けないくらいだった。
でも出ない。
あまりに辛くて、トイレでナースコールした。
看護師さんは、「さっきは車椅子だったのにどうやって来たのかしらねw」みたいな雰囲気。
頑張っても何も出ないと言うと、これを塗って出せと言われて、手にヌルヌルするゼリー状のものを塗られた。
でも出ない。

諦めて個室を出たところで、痛くて痛くて動けなくなった。
車椅子を動かされるのすら耐えられず、洗面台にしがみついて、めがねも投げ捨てた。
そこでようやく当直の先生に診てもらえることになった。

先生が来るまでに、おなかにNST(おなかの張りを見るモニタ)を巻かれた。
しかし張りは全然出ない。
看護師さんたちが「張ってないね〜(やっぱ下痢じゃない?)」と言っていたのが今でも忘れられない。

先生が来て、やっと内診になった。
手を入れた途端、「全開だ、すぐ救急車!!」と言われた。
入院していた病院は個人の産院だったのでNICUがなく、32週では産むことはできなかった。

周りが途端に慌ただしくなった。
荷物をまとめに、看護師さんが病室に駆け上がっていく。
家族に連絡を、と言われたけれど、そのときちょうど夫は、夫の祖母が危篤で岐阜に行っていたのですぐには来られない。
当時千葉に住んでいた姉は、深夜だったので電話に出ず。
都内にいる唯一の肉親である父親は、酔っ払っていて話が通じなかった。

私は、まだ状況がよくわからなかった。
横に来た看護師さんに、「これから持ち直すことはあるんですか?」と聞いたら、看護師さんは気まずい顔をして、「もうお産になると思います」と言った。

救急車が来たときには、赤ちゃんの頭がお尻につかえているような感覚があった。
陣痛は5分おき。
いきむと赤ちゃんが苦しいから、痛みを逃せと言われた。
救急車の天井の継ぎ目のネジをずっと見つめながら、深呼吸して痛みを逃がした。

パニックにはならなかった。
泣いたり動揺したりする暇があったら、早く産んでしまう赤ちゃんのためにできることを全部しようと思った。
陣痛が来るたびに「痛くなってきました」と伝えて、あとはひたすらいきみを逃していた。

救急車が搬送先の大学病院に着いた。
明け方の3時半くらいだっただろうか。
外は強い雨が降っていた。
当直の先生が、玄関まで迎えに来てくれていた。

分娩台に上がって、また痛みを逃がし続けた。
助産師さんが一人ずっとついてくれていて、「痛くなってきました」と言うとお尻を押さえてくれてすごく助かった。

痛みはどんどん強くなって、逃がすのがきつくなってきた。
ずっと、分娩台のシートの縫い目をにらんでいた。
赤ちゃんの心拍の音が弱くならないかが心配だった。

朝8時すぎに、先生がやってきて内診した。
そのはずみで破水。
分娩台は、よくテレビで見るように起こした状態ではなくてベッドのように寝た状態だったのだけれど、その方が楽だと言うと、寝たままで出産にしようと言ってくれた。

寝たまま、大きいいきみが来た。
もういきんでいいと言われて、2回くらいいきんだ。
その途端、何か大切なもの、体の一部が外れたような感じがして、思わず「あっ」と声が出た。
出産だった。

産声がした。
思ったより高い声。
処置をしてNICUに運ぶ前、赤ちゃんを見せてくれた。
赤紫の、ちっちゃなちっちゃな頭。
ほっぺに少しだけさわって、思わず「ごめんね」と声をかけた。
そうしたら、ちっちゃな顔がシワシワになって、赤ちゃんは泣き出したのだった。

あの時、「ごめんね」じゃなくて「よく頑張ったね」って言ってあげればよかった。
「ありがとう」って。

いきみを逃がしているとき、赤ちゃんが苦しくないようにとばかり念じていた。
私のせいで余計に赤ちゃんが苦しくならないように。
私にできるのは、もうこんなことしかないから。
赤ちゃんの心拍をずっと聴きながら、赤ちゃんも一緒に頑張っている!と思った。

今、ピースケのときと同じように切迫早産になって、決めていることはふたつある。
ひとつは、赤ちゃんのためにできることはなんでもすること。
どんな治療も、辛さも我慢する。
もうひとつは、赤ちゃんが産まれたときに「ありがとう」って言うこと。
ありがとう、よく頑張ったねって。

どうか、まだ赤ちゃんをおなかに入れておけますように。
痛みは相変わらず、弱くなったり強くなったりしている。
診察をしてもらったら悪化はしていないそうで、少し安心したけれど。

子宮頸管無力症だと、おなかが張らなくてもお産になるらしい。
入院していた産院で子宮口が全開になるまで放置されたことを、ずっとどうなんだ?と思っていたけれど、本当に張らなかったからわかりようがなかったのかもしれない。
だとしたら今回も、張らないままにお産になるのかもしれない。

痛いと怖くなる。
あの日のことばかり考えてしまう。
早く2週間くらいたってくれたらいいのにな。
[PR]
by sima-r | 2011-08-29 17:48 | 未分類

1500超え!

今日で30週5日。
赤ちゃんは1500グラムを超しました。

先週出血したときは10分おきにおなかが張っていましたが、今は短くて15分、長いと1時間以上あくことも増えてきました。
このまま落ち着いてほしいなあ〜。

ただ、赤ちゃんの入っている袋が、内診のときに(超音波で)見えるところまで下がってきているらしく、まだまだ怖いです。
少しでも起き上がると赤ちゃんがずるずる落ちてきてしまう気がして、食事も寝たままとっています。
おかげで胸やけがひどくて、なんだか声までしわがれ声になってしまいました。

トイレは、ベッド上に挑戦しましたがどうしても出ず、導尿のみ。
大の時は車椅子でトイレに連れていってもらっています。
この間出血したのはトイレでだったので、これが本当に怖い〜。
毎回、水風船を針山に乗せて運んでいるような心境です。

張り止め点滴のマグセントには筋肉が弛緩する作用があるので、立つと産まれたての子馬のようにブルブルふるえてしまいます。
自宅安静も含めると1ヶ月以上寝たきりなので、筋肉自体なくなってきてるのだと思います。

先生の方針では、今週はこれで様子を見て、来週以降も落ち着いていたら、導尿を外すかもう少し起き上がってみるか、とのことでした。
導尿も、ずっとしていると感染の危険があるそうです。
でも、正直、怖い〜。
寝てるから落ち着いているのであって、起きたら赤ちゃんがどんどん下がって出てきちゃうんじゃないかしら。
せめてあと2週くらいは大事大事でいきたいのだけど・・・。

この病院は大きなNICUがあるので、産科の先生たちは「たとえ今出てきても大丈夫!」という自信があるのだと思います。
私も、ピースケが小さく産まれてここのNにお世話になったので、その技術力には大きな信頼をおいています。

でも、やっぱり、私は大きく産んであげたい。
産んだのに、授乳はおろか抱っこもできず、ちいちゃい手と足に点滴をされていたピースケ。
搾乳も毎日の病院通いも、本当に本当に大変でした。
よく、赤ちゃんが家に来ると大変だよ、とか言うけれど、私はピースケが退院して家に来た時、あまりの楽さに唖然としました。
もう搾乳しなくていいなんて!
病院行かなくていいなんて!!

その後の発育も心配でした。
今だって心配です。
ピースケは言葉は早いけれど、体の発育はゆっくりめです。
普通に産まれていたら「個性だね」ですんだところを、「大きく産んでいたら違ったかもしれない」と思い続けてしまいます。
それはきっと、ピースケが大人になってもおじいさんになっても、私の子であるかぎりそう思ってしまうのだと思います。

だから、私は赤ちゃんを大きく産みたい。
先生に、「だって、Nに通うのってほんとに大変なんですよ。搾乳も大変だし、その後もずっとずーっと心配なんですよ」と言ってしまいました。
産科の先生は、産むところまでだから。
その後の長い長い人生までは、見ていないと思うから。

赤ちゃんのためになることなら何でも言うことを聞きますが、納得できないことには反論したい。
大げさな患者と思われようが、めんどくさいやつと思われようが、私だけは食い下がっていかなければ。

1分でも長く、1グラムでも大きく。
赤ちゃんよ、大きくなれ〜!!
[PR]
by sima-r | 2011-08-25 09:43 | 未分類

自分らしいお産

ピースケを妊娠していたとき、突然切迫早産と言われて入院になった。
仕事も何もかもやりかけのままだったから、入院している間ずっと、やりたかったこと、できなかったことを考えてしまって辛かった。
母親学級にも行けなかった、ベビー服も何もそろえてない。
世間の妊婦さんができることが、私にはできない。

ちょうどそんなとき、ナチュラルな生活を志す知り合いの夫婦が、「自然分娩は素晴らしい!自然なお産で産まれた子供は、帝王切開や陣痛促進剤で産まれた子よりいい子が多い!」と言っていて、それがとても辛かった。
その知り合いの奥さんはその後妊娠し、臨月まで薪割りをして、毎日3時間歩いてとても頑張って、自然分娩でかわいい子を産んだそうだ。

そしてまた同時期に別の知り合いが、「バーストラウマ」とかいう変な思想を紹介しているのを読んでしまった。
当時は読むのがあまりに辛く、ほとんど記憶にないけれど、要するに、産まれた瞬間の記憶が怖いと赤ちゃんのトラウマになってしまうという考え方らしい。
早産だと死に対する恐怖があるとか、お尻を叩かれて蘇生されると、お尻を叩かれないと何もできない人になるとか。(なんて直接的、なんてばからしい!)

でも、当時はそれらを馬鹿らしいと笑う余裕はなくて、毎日点滴しながら、ずっと怒っていた。
自然分娩の方がいい子が多いと言ったり、バーストラウマを紹介した知り合いはどちらも男だったから、自分で産みもしないくせに夢見てんじゃねえ、と、本当に本当に腹を立てていた。

でも、今は思う。
そう思いたい人は、別にそう思っていてもいい。
そういうことを信じる人たちで集まっていればいい。
私はそうは思わないから。

臨月で薪割りなんて、私にはできない。
それは、心がけとか努力でどうにかなるものではない。
私は、体は健康だけれど、妊娠については人とは違っている。
子宮外妊娠をしたから卵管も1本切ってしまっているし、子宮頚管無力症もあるようだ。
初めから、スタートする位置が違っているのだ。

それを思うと悔しい気持ちもある。
なんで私だけ、と思うこともある。
だけど、それが私に配られたカードなんだから仕方がない。
そのカードの上限いっぱいまで、頑張るしかないんだ。

今の私は、ほんとに上限ぎりぎりだ。
水曜日に大出血して、張り止めの点滴はMAX、体内のどこかで炎症もあるらしくて抗生剤も点滴している。
持病の喘息は腹圧がかかってよくないから、ステロイドの吸入も予防のためにMAX量している。
入院するまでは放射能を警戒して、西の野菜しか食べなかったけれど、病院食を拒否することもなく食べている。
ナチュラルなお産とはほど遠い。

でも、私は、そんな自分を誇らしく思う。
私は、自分にできる以上のことをやっている。
それだけは胸を張って言える。
誰にも文句は言わせない。

ちょっとオーガニックな雑誌や本を見ると、「自分らしいお産」とかいう言葉がよく出てくる。
助産院で麦飯を食べて薪を割って・・・というのから、高級フレンチを出す豪華産院だとか水中出産、無痛分娩だとか。
それぞれ、いろんな良さがあるんだろう。
何を選んだっていいのだ。
選べる人は、なんでもできるんだから。

私は、何も選べなかった。
選べなかったけれど、私はピースケのときも、そして今も、自分らしいお産に向かっていると思う。
自分らしさなんてそんなもの、極限状態になったら自然にわいてくるものだ。
選ぶんじゃなくて、滲み出るものなんだ。
私は、それに気づけて本当によかった。

人は、持ってるものが少ない方が、自分の道が見えやすいのかもしれないな。
たくさんのカードを持っている人は、選べるぶんだけ迷いも多くなるんだろう。
それはそれで大変なことだ。

「自分」を探したり、「自分」らしさを追求したり。
「自分」なんて、選びようもなくただあるものなのに、生きているだけで浮かび上がってくるものなのに、豊かすぎて情報に紛れてしまっている。

どんな道を辿ってもいい。
薪を割ろうがフレンチを食べようが、無痛だろうが水中だろうが切迫早産だろうが。
すべての妊婦さんは頑張っているし、どんなお産も尊い。
どんな道を選んだって選べなくったって、どんなお産も「自分らしい」と、すべての妊婦さんが思うことができますように。
[PR]
by sima-r | 2011-08-20 21:00 | 未分類

凧になりたい

先生が、いつ産まれてもおかしくないと言うので、先生が帰ったあと、みっともなくワーワー泣いてしまった。
泣くとおなかが張るから、もう泣いてはいけないのだけど。

赤ちゃんのためにご飯を食べ、赤ちゃんのために眠り、赤ちゃんのために点滴をして、赤ちゃんのために生きている。
赤ちゃんに自分のすべてをあげたいと思っているのに、どうしても自分の側に残ってしまうのが、この、感情というやつだ。
うまく手懐けて、赤ちゃんにそうっと引き渡そうと試みているのだけれど、ときどき獣のように暴れ出してしまう。

入院してから、野坂昭如の「凧になったお母さん」という物語を何度も思い出していた。
燃え盛る空襲のなか子供に覆いかぶさって、文字通り汗と涙と、枯れたはずのお乳を我が子に塗って、子供を守ったお母さん。
あげられるものが何もなくなったとき、お母さんは全身の毛穴から血を噴き出して、我が子を猛火から守り抜いたのだ。

あのお母さんみたいに、私も赤ちゃんに自分の全部をあげたいな。
命なんて、もうとっくにあげてしまった。
あとは、この感情というやつだけだ。
これだけが、私は悲しみたいと、怒りたいと暴れるのだけれど。

これを赤ちゃんにあげることができたら、私はほんとうに奇跡が起こせる気がする。
命なんか感情なんか、全部赤ちゃんにあげて軽くなって、私は空だって飛べるんじゃないかと思う。
[PR]
by sima-r | 2011-08-19 11:59 | 未分類

出血

さっき、出血をしてしまいました。
破水はしていないものの、厳しい状況です。
あと1〜2週間かもしれません。

どうか皆さん、祈っていてくださいね。
一日でも一秒でも、赤ちゃんがおなかにいられますように。

この間先生が、お母さんが昼寝してる間に5グラムくらい大きくなるよ、と言っていました。
それが今の私の励みです。
[PR]
by sima-r | 2011-08-17 18:54 | 未分類

一枚だけのカード

昨日の診察で、また頚管が短くなっていました。
現在9~11ミリ。
点滴もしているのに1センチも短くなるなんて・・・。
土日にあんまり張るので、何度も助産師さんたちにおかしい、薬を上げてくれないかと頼んだのに、入院時と同じ濃度(ウテメリン3A20)のままでした。
だから言ったのに・・・!!

薬は増えることになりました。
副作用の強いマグセントという薬も始まり、ウテメリンは3A30に。
さらに、こちらから希望して、導尿もしてもらうことにしました。

先生の言うには、頚管が短くなるのには2種類あって、切迫早産と子宮頚管無力症とがあるそうです。
切迫早産はおなかの張りで短くなるのに対し、子宮頚管無力症は、おなかが張っていないのにどんどん頚管が短くなってしまうのだそうです。
私の場合、点滴しているのにここまで急に短くなるのはおかしいので、子宮頚管無力症の要素も少しあるのではないかとのこと。
子宮頚管無力症には、薬が効果ないらしいのです。

じゃあ何もできないんですか、と聞いたら、私の場合はおなかの張りもあるので、それを止めることで効果はあるだろうとのこと。
導尿することで立たずにすみ、かつ膀胱に尿がたまらないことで子宮を圧迫せずにすむので、張りが軽減されるかもしれないとのことでした。

マグセントは強い薬なので、始めたときは右腕に血圧計、左手に酸素を測る機械、さらに心電図もつながれて、コードだらけになりました。
膵臓がんで3年前に亡くなった母が、あんなに嫌っていた「スパゲティ」の状態です。

でも私は、スパゲティで全然いい。
「産む機械」なんていう言葉が以前話題になったけれど、私は全然産む機械でいい。
女性の人権とか尊厳を認めてないなんて、あの政治家は批判されていたけれど、私はもう全然それでいい。
尊厳なんて、人権なんてなくていい。

私の尊厳なんて人権なんて、赤ちゃんの命とは比べものにもならない。
養鶏場の鶏だって、卵を産むためだけに生かされている。
私も鶏でいい。
赤ちゃんを少しでも大きく産むこと、1グラムでも大きく、1日でも長くおなかに入れておくこと。
それだけがいちばんで、ほかはどうでもいい。
おしっこを見られようが、排便を介助されようが、外の天気もわからなかろうが、そんなこと全然たいしたことじゃない。

ピースケには、赤ちゃんが産まれるまでもう会えないかもしれません。
それが、どんなに辛いことか。
面会で10分だけ会えたピースケは、私の点滴の腕に、痛いの飛んでけをしてくれました。
おいでって言ったら、笑って走ってきてくれました。
会いたいし、さわりたい。
お母ちゃんを忘れてほしくない。

でも、どうやらお母ちゃんには、選べることが一個しかないようなのです。
普通のお母ちゃんだったらいっぱい選んであげられたけど、お母ちゃんの持ってるカードは、どうやら一枚だけみたいなのです。

だから、お母ちゃんは、その一枚だけのカードを、おなかの赤ちゃんにあげることにしました。
たぶん、普通のお母さんだったら、何枚もあるカードのうちの弱い方のカード。

でも、お母ちゃんにはそれしかないから。
トランプの大富豪でいちばん弱い3が、革命でいちばん強くなることもあるように。
お母ちゃんはこのカードをしっかり握って、赤ちゃんのことをしっかり抱いて、ピースケと夫のところに帰りたいと思うのです。
[PR]
by sima-r | 2011-08-16 05:28 | Maternity

またしても切迫入院に

またしても切迫早産で入院になってしまいました。
しかも急を要する事態のようで、母体胎児集中治療室(MFICU)という、重度の部屋に入ることに。

現在妊娠8ヶ月(28週6日)、赤ちゃんは1100グラムくらい。
1000を超えると、今産まれても救命できる確率はかなり上がるそうですが、障がいが残る可能性を考えると、安心して産むことはとてもできない大きさです。

切迫の症状が出始めて3週間。
ピースケの世話や家事は、愛知の義母に上京してもらい全部お願いしてきました。
トイレ以外は立たず、シャワーや洗髪も週一くらいに絞って、かなり厳しく安静にしてきましたが、1週間で子宮頚管(子宮の出口)の長さが一気に1センチ短くなってしまい、とても危険ということでの入院です。
頚管の長さは、現在2.1センチ。
ピースケの妊娠時にも同じくらい短くなって入院しましたが、2人目は進行が速いのでより危険らしいです。

安静中、いったいどれくらい泣いたことか。
ピースケと離れたくない、夫と離れたくない。
寝てばかりいる私を「おかあちゃん ねんね、シー」と気遣ってくれるピースケ。
公園で拾ってずっと握りしめていた大事な木の実を、帰ったとたんに私にくれたピースケ。
夜泣きして「おかあちゃん、おかあちゃん」と泣いて起きるピースケ。
起き上がれないので、絵本や布団に隠れてのいないいないばあくらいしかできない私のそばに、いつもくっついてきてくれていました。

ああ、あと2ヶ月以上帰れないんだなあ!
面会は、病室には子供の立ち入り禁止なので、私が車椅子で廊下に出るしかないようです。
それも容体次第で、許されないこともあるとか。
ああ、本当に辛いなあ~。

次に家に帰るときは、(早産にならなければ)赤ちゃんを抱っこして帰ることになります。
ピースケだけのおかあちゃんでいてあげられる、大事な大事な2ヶ月だったのになあ。

それでも、ピースケが産まれたばかりの頃の写真を見ると、今度こそ絶対に大きく産んであげたいと思うのでした。
1972グラムの子犬みたいなちっちゃな体に、点滴を2本も刺されていたピースケ。
体のあちこちにモニタのシールを貼られ、産まれたのに抱っこもしてもらえなかったピースケ。
私が入院がいやだ、点滴がいやだとわがままを言ったから、ピースケは点滴も入院も、弱虫のお母ちゃんと代わってくれたのでした。

そんな思いを、また赤ちゃんにさせてはいけない。
NICUの、あの鳴りやまないオルゴール音楽も、ひっきりなしに聞こえるアラームの音も、もう聞かせたくない。
普通のお母さんみたいに、産んですぐに抱っこして、おっぱいをあげたい。

今度こそ、一緒に帰るんだ。
ピースケと夫と猫のおひげの待つ家に、赤ちゃんと一緒に帰るんだ。
それまで、泣かない日はないだろう。
今日どれだけピースケが成長したか、見たくて会いたくてたまらなくなるだろう。

でも、私はピースケのお母ちゃんでもあるけれど、おなかの赤ちゃんのお母ちゃんでもあるんだ。
相変わらず弱虫のお母ちゃんだけれど、ここで踏ん張らないでどうするんだ。

入院したくないよ、と弱音をはいた私に、夫が「入院するときは二人だよ」って言ってくれた。
そうだ、赤ちゃんも一緒に入院してくれてるんだ。
一緒に頑張ってくれてるんだ。
ピースケに負けないように、赤ちゃんに負けないように、お母ちゃんは頑張るぞー!!!
[PR]
by sima-r | 2011-08-12 20:51 | Maternity



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧