生活チープサイド

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自分のために生きること

前々からやってみたかった布おむつを今日から始めてみた。

紙よりも布の方がいいなんて思わないし、ムーニーも大好きだけれど、なんか布って「お世話してるぅ~!!」という感じで楽しそうだなあと思っていたのだ。
真っ白に洗いあがったおむつをどっさり干したり、たたんだり、当て方を工夫したり、ウンチがもれちゃった!と慌てたり。
そういうのが全部、なんだか楽しそうだ。

私は、ピースケを産むまでずっと、子育てって子供のためにするものだと思っていた。
お世話してあげなければいけないから、授乳したり、おむつを替える。
でも、最近、そういうことは子供のためにしているんじゃなくて、自分のためにしているんだなあと思うようになった。
授乳したいから、おむつを替えたいから、お風呂に入れたいから、抱っこしたいから。
子供の要求を聞いてあげてるんじゃなくて、それはみんな私の欲求なんだと感じる。

妊娠前も妊娠中も、私は育児ってものすごく大変なんだと思っていた。
自分のことは全然できなくなり、夜は眠れず、お風呂でウンチされたりおしっこをひっかけられたり。
ライブはおろか、遊びに出かけたり美容院に行くこともできなくなったり。
ノイローゼみたいになっちゃうのかなあ、いやだなあと思っていた。
だから、子供をもちたいと思った時、私はまるで尼になるみたいな気持ちでいたのだった。

でも、違った。
育児の大変さは、やっていることだけ見れば想像通りか想像以上だった。
寝不足だし、自分の髪を洗うのはいまだに週に2回くらいだし、化粧水もなかなかつけられないし、食事もゆっくりできないし、腱鞘炎だの筋肉痛だので体のどこかしらが常に痛いし、遊びに行くどころかスーパーに行くのさえ一苦労だし、疲れると夫に八つ当たりばかりしているけれど。
それでも、それが「苦労」だと感じない。
かわいくてかわいくて、もっともっとお世話してあげたくなってしまう。
ピースケのために、ではなくて、自分のために。

自分のためにしていることなんだと思ったら、なんだか気が楽になった。
人のために生きるんじゃなくて、自分は自分のために生きていくんだな。
そういうものなんだな。
うまく言えないけれど、そんな風にすごく思う。
[PR]
by sima-r | 2010-03-29 16:19 | Maternity

お宮参り

3連休は、夫の両親と私の父を招いてピースケのお宮参りをしてきました。
お宮参りは本来なら生後1カ月くらいでするものですが、寒い時期というのもあり3月まで延ばしたのでした。
地元の小さな神社ですが、木々に囲まれて清々しいところです。
ここの神様が、ピースケをこれから守ってくれるんだなあ~。

お宮参りの後、写真館で記念撮影。
いい記念になりました。

写真は、お宮参り出発前。
ごきげんです!
e0098856_1204020.jpg

[PR]
by sima-r | 2010-03-24 12:01 | Maternity

「かわいそう」という言葉

ピースケのまぶたの腫れがなかなか治らない。
目やには出なくなったけれど、両まぶたとも赤い。
湿疹とは違う感じなのでアレルギーだと思うのだけれど、何が原因かはまだわからず。
一日のうちでもよくなったり悪化したりを繰り返すので、そのたびに考えることが変わってしまう。
よくなればこのまま完治する夢を見て、真っ赤に戻るとがっくりとしてステロイドを使うべきか悩む。

原因が花粉かもしれないと思うと外に出るのが怖い。
猫かもしれないと思うと暗い気持ちに。
カビかも、ハウスダストかも、私が最近よくパンを食べるからかも?
なんだか周り中が汚い気がしてくる。

この間、予防接種の帰りに近所の奥さんに家の前ではちあわせたとき、ピースケが赤くなった顔をしきりに私の胸にこすりつけるのを見て「かわいそう」と言われた。
また別の日、健診の帰りに歩いていると、知らないおばあさんに「寒いのにかわいそうに」と言われた。

「かわいそうに」って、言われると辛い言葉だな。
かわいそうなんて、いちばん私がそう思っている。
世界中でいちばん、ピースケを見てるのが私なんだ。
赤いまぶたを見て、自分ととっかえられたらいいのにと、毎日思ってるんだ。

でも、人から「かわいそう」って言われたとたんに、私は子供にひどいことをしている悪い母親みたいな気持ちになってしまう。
家から出ることが、ステロイドを使うことをためらうことが、うしろめたくてたまらない。
それでも、私の中のもう一人の私は、春になったことに浮かれて、ピースケと外出したくてたまらなくなっている。

予防接種が一段落したら外に遊びに行けると思っていたのに、花粉の季節になってしまった。
花粉が終わったら、今度は紫外線?
夏がすぎたらもう秋で、仕事の復帰が待っている。

ピースケといろんなところに行きたい、家の中じゃないものを見せてあげたい。
どんな顔をするだろう、喜ぶだろうかびっくりするだろうか。
この、赤ちゃんという一瞬の大事な時期を、我慢ばかりさせなきゃいけないんだろうか。

「かわいそう」って言わないでほしい。
ピースケは、赤いまぶたでかゆそうにしていても、私を見ると笑う。
それを見るたびに、胸が痛くて、かわいくて、うしろめたくて、のどがぎゅっとする。
お母ちゃんが守ってあげるからねって、言いながら、どうしていいかわからなくなる。
[PR]
by sima-r | 2010-03-18 15:53 | Maternity

左手首が腱鞘炎に

この1週間は、いろんな人と話したり会ったりできた日でした。
ずっと閉じこもりきりで、話したい欲でいっぱいだったので楽しかった!

ジェニーたんと電話したり、以前の職場の上司が訪ねてきてくれたり、サヤカが息子君と来てくれたり。
土曜日は、夫が隣の県で仕事があるというのでピースケと車に便乗して、ついでに近くに住むよーちんとお茶したりしたのでした。
ピースケと初めて遠出したのでどきどきでしたが、今まで病院以外は徒歩圏内しか出かけていなかったので、たまにはこうやって外出するのもいいなあと思いました。

ピースケの湿疹はずいぶんよくなりました。
一時はおでこや頬も真っ赤にぶつぶつしてしまって見ているだけで辛かったのですが、左のまぶたとこめかみ以外は保湿だけできれいになりました。
シナジスの注射の時に先生に相談したら、まぶたが腫れているのは鼻涙管がつまっているせいだから眼科へ行けと言われ、翌日眼科に行くと鼻涙管はつまっていなくてアレルギー性結膜炎だと言われ、今は抗ヒスタミンの目薬をさしています。
まだ左目は目やにが多いので、気をつけていこうと思います。

そして、ピースケが少し一段落したと思ったら今度は私です。
左の手首が、ついに使えなくなってしまいました。
ずっと両手とも腱鞘炎でサポーターを巻いたりしていたのですが、左手が先週から筋肉ではなく骨のような痛みに変わってきて、土曜の夜からは親指を少しでも開くと手首の骨がズキーン!ととんでもなく痛むのです。
こ、困った…。
夫がドラッグストアに連れて行ってくれて、サポーターを買い替えて湿布をしてみましたが、これは長引きそうな気がします。
ピースケのお世話がある以上、手首は使わざるをえないし…。
うーん、頑張って治さなければ。
[PR]
by sima-r | 2010-03-15 08:58 | Maternity

3・4カ月健診へ

昨日はピースケの3・4カ月健診へ。
市が主催の合同健診なので、3か月から4カ月の月齢の赤ちゃんが一斉に集まるのでなかなかの壮観でした。
ピースケは、体格だけで見ると、ほかの子と全然変わらないどころかやや大きめくらい。
体重は6875グラム、身長は61.7センチになりました。
小さく産まれたのにでっかく育ちそうだなあ~と頼もしいかぎりです。

健診では、離乳食の試食などもあってなかなか盛りだくさんでした。
ベビーフードと手作りのものの味を比べたりしたのですが、もう、絶対手作りの方がおいしい!!
離乳食は5~6カ月からなのでまだ先だけれど、ピースケにいろいろ作ってあげるのが楽しみになりました。
お母ちゃんはがんばるぞ~!!

そして顔の湿疹は、ひたすら保湿をする作戦で微妙によくなっているようなそんなに変わらないような。
お風呂で温まったり、ちょっとした光の加減ですごく赤く見えたりそうでもなく見えたりして、一喜一憂しています。
週明けまでに良くならなかったら、火曜日のシナジス注射のときに先生に相談しようと思います…。
[PR]
by sima-r | 2010-03-05 21:05 | Maternity

さっそく失敗。

昨日小児科でもらってきた目薬で、さっそく失敗してしまいました。
ピースケを寝かせる前に、「あっ、目薬さすの忘れてた!」と慌ててさそうとしたところ、目薬のふたを根元から開けてしまい、ピースケの顔(左まぶたとこめかみ)に薬がびしゃーっ!とかかってしまったのです。
その量、中身の5分の4くらい。
慌てて拭いてそのまま寝かせたのだけれど、気のせいか薬のかかった部分が赤くなっている気がします。
昨日よりも真っ赤でごわごわしてしまっている左のまぶた。
かゆいみたいで、ピースケがひっかこうとしていて見ていてかわいそうです。
ああ、母ちゃんが悪かった!!

まぶたの赤みは、昨日はそんなにひどくなかったので先生も保湿剤(プロペト)だけしか処方しなかったけれど、この赤さだと薬が必要になるんだろうか。
その場合は、やっぱりステロイドを出されちゃうんだろうか。
ステロイドでもなんでも、さっと使ってすぐ治してあげた方がいいんだろうか。
でももしすぐ治らなかったら?
私がアトピーだったときみたいに、ずっとだらだらステロイドを使うことになったら?

そんなことをぐるぐる考えつつ、とにかく今はしっかり保湿だと思い、プロペトをぺとぺと塗っています。
木曜が3・4カ月検診(& BCG)なので、その時に先生に相談しよう…。
[PR]
by sima-r | 2010-03-02 09:58 | Maternity

しみじみ生活

春みたいに暖かな日があったり、寒い雨の日が続いたりの中、しみじみと生活しています。

ごはん作って食べて、ピースケと遊び、授乳して、おむつ替えて、抱っこ紐で外を散歩したり。
無人野菜販売所にふきのとうがあったり、寒い日でも草むらにハコベが黄緑の葉を広げているのを見ると、やっぱり春が来ているんだなあ。
あちこちにある梅林から梅の花の香り、沈丁花もどこからか香ってきます。
春の花の香りは、奥ゆかしくて好きです。
しかし、夫は花粉症が始まってしまって大変そうですが…。

やっと車のチャイルドシートを買ったので(高かった!)、先週は夫とピースケと初めての三人での外出。
行くのはスーパーとかだけれど、これまでバラバラにしか出かけられなかったので嬉しいなあ。
家族だもの、一緒がいいよなあ。
どこか遠くへ行かなくても、家族が一緒にいられればそれで十分だなあ。

ピースケは、三種混合の2回目とヒブ、B型肝炎のワクチンを接種しました。
ヒブは前評判通りとても痛いらしく、刺されている間とても痛そうに泣くピースケ…。
B型肝炎は、接種スケジュールがヒブに似ているからついでに受けておこうと思い接種したのですが、先生や看護師さんから「お母さんがキャリアなの?」と聞かれ、「違います」と言うと「じゃあなんで打つの?」と言いたげな感じでした。
あんまり打つ人いないんだろうな…。高いしな…。
小児肺炎球菌のワクチンも早く打ちたいのですが、市内・隣の市内ではなかなか扱いが始まらないようです。

そして今日は、ピースケのまぶたが腫れてしまったので初めて小児科受診。
結膜炎か、アトピーか?と不安だったのですが、たいしたことなかったようで保湿剤と目薬をもらって帰ってきました。
どうか早く治りますように。
[PR]
by sima-r | 2010-03-01 13:54 | Days



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧