生活チープサイド

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仕事を続けるということ

しばらくばたばた過ごしていました。

7日の日曜は、私の会社の創立50周年の式典があったため、息子のピースケを夫に預けて出席してきました。
これまでも週末にスーパーに行くときなどは夫に2~3時間預けることはしていましたが、今回は8時間近く。
私がいない間は、搾乳しておいた母乳を哺乳瓶であげてもらうことにしました。
でも、泣いたらどうしよう、母乳が足りなかったらどうしよう、と、心配は尽きず…。
どきどきしながら出掛けましたが、何事もなくピースケも哺乳瓶でぐいぐい母乳を飲んでくれていたようでよかったです。
さすがスペハズ、さすがスペサン…!

式典では、ひさしぶりに会う上司や同僚、お客様へ挨拶できてよかったです。
一応育児休暇中でいずれ戻る職場なので、切迫早産で突然入院したままご挨拶できてなかったのが気になっていたのでした。
しかし、ひさびさのスーツ、ひさびさのヒールはつらかった~!!

仕事を続けるということについては、今も迷っています。
ピースケとできるだけ一緒にいたい。
朝起きて、いいお天気だから川にカモを見に行こう!とか言って、ちっちゃなピースケと手をつないで遊びに行きたい。
今日はクッキー焼こうって、今日は庭で泥んこ遊びしようって。
育児休暇は1歳までなので、あと8カ月しかピースケとぴったり一緒にいられない。
保育園に預けたとき、最初どんなにピースケが泣くだろうと思うと、胸が痛くて痛くて仕方なくなります。

でも、仕事を続けることもまた、同じように大切に思うのです。
たいしたことない仕事だし、私でなくてもできる業務だけれど、自分の居場所を家庭以外に持つことが私には必要なように思うのです。

そう思ってピースケを見ると、私を見てにこにこ笑って本当に嬉しそうにしている。
こんなに可愛い子を、私は自分のためにさびしい思いをさせてしまう。
毎日迷っています。
一日一日がとても貴重で、過ぎてほしくない。
ピースケとずっと一緒にいられる大事な時間。
どうか少しでも時間がゆっくり流れますように。
[PR]
by sima-r | 2010-02-15 16:54 | Maternity

2回目のシナジス

今日は、息子ピースケのシナジス注射の日。
シナジスはRSウィルスの抗体の注射なのですが、1カ月しか効果がないため、流行期間の10~3月までは毎月受けないとならないのです。
1回目の注射は産まれた大学病院でしてもらいましたが、今回からは家の近くの総合病院に転院しての注射です。
病院は、家からタクシーで片道1600~2000円くらい。
痛い出費ですが、人ごみを通らなくてもいいので許せる範囲です。

シナジスは体重によって量が変わるので、体重測定をしてもらったところ、なんと!!
驚きの6100グラムになっていました!!
1月4日の健診のときは4385グラムだったので、1カ月で1715グラムも増えています。
1日に57グラム増。
母乳だけなのに恐ろしいほどの追い上げで、これまで下回っていた成長曲線に見事に追いつき、もはや通常生まれの子と同じレベルの重さです。
最近、新生児サイズからSサイズに変えたおむつがなんだかもうパツパツだなあと思っていたけれど、まさかこれほどとは。
腰や膝が痛くなるはずだ…。

体重が増えたせいで、シナジスの薬の量も増えて注射器1本では足りず、今回は両太ももに1本ずつ2本も打たれてしまいました。
打たれている間、泣いてしまうピースケ。
でも、いまRSウィルスは流行っているらしいので、心を鬼にして来月も接種してもらう予定です。
[PR]
by sima-r | 2010-02-03 21:36 | Maternity

赤ちゃんの笑顔

息子のピースケは、最近笑うようになりました。
新生児の無表情の頃も最高にかわいい、これ以上があるなんて信じられないと思っていましたが、表情があるようになるとさらにかわいいのでした。
ちょっとスンスン泣きそうになっていても、私が顔を見せるだけでにこにこになるピースケ。
なんだか自分がすごい過大評価されてるみたいな、くすぐったい気持ちです。

土曜にメイちゃんが遊びに来てくれて、ピースケに絵本をくれました。
『はらぺこあおむし』と『いないいないばあ』と手遊び歌の本の『ひげじいさん』。
『ひげじいさん』は、ボタンがいくつかついていて、それを押すと音楽が流れるのです。
さっそくピースケの前で、いろいろ押しては歌い踊る私。
笑ってくれるのがうれしくて、とても人には見せられないようなリアクション芸人ばりの大きなリアクションをとる私…。

ピースケには音楽もいろいろ聴かせています。
クロマニヨンズはもちろんですが、最近ピースケの受けがいいのはりんけんバンド。
沖縄のバンドですが、うきうきした楽しいサウンドで掛け声もたくさん入っていて楽しい~。
惜しむらくは、ほとんどがウチナーグチ(沖縄言葉)なので何を歌っているかさっぱりなところです。

お母さんの顔を見てうれしくて笑ったり、音楽が楽しくて笑ったり。
赤ちゃんの笑顔は、本当に素直でまぶしいな。
笑ってもらえるだけで、自分が価値あるものみたいな、認められてるような気持ちになる。
笑顔ってすごい。
この笑顔のためなら、母ちゃんはどんなことでもしちゃうんだぞー!!
[PR]
by sima-r | 2010-02-02 21:35 | Maternity



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧