生活チープサイド

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

この街で

昨日は、初めての三種混合の予防接種へ。
三種混合は全部で4回受けなくてはならないので、その初回だった。
小児科は、アレルギー科も併設の小さな医院。
いちばん近いのだけれど、それでも徒歩30分だ。
行きはタクシーを使ったけれど、帰りは歩いてみたら膝がものすごく痛くなってしまった。
指も手首も腰も足も痛いし、子育てしているとあちこち痛くなるものなんだなあ~。

今の家は、最寄り駅まで徒歩35分もかかる不便なところだけれど、周囲は畑ばかりののんびりしたところだ。
夫と下見に来た時に、二人ですっかり惚れ込んだこの街。
家からコンビニへは徒歩で10分以上なのに、野菜の無人販売は徒歩圏に7軒もある。
小川が流れ、道を歩けば鳥がたくさんいる。

野鳥が多いのも、うれしいことのひとつだ。
この間、とても暖かかったのでピースケを抱いて散歩に出かけた。
20分くらいの間に見られたのは、スズメ、ヒヨドリ、キジバト、セグロセキレイ、メジロ、ジョウビタキ、ツグミ、コサギなどなど。
きっとまだまだいるんだろうな。
いずれ庭に餌台を作るぞ!

自然がいっぱい、だけど不便。
こんなところに住もうと思ったのは、やっぱり子供ができたからだった。
自分が子供のころ、畑の多い都下の街で育った。
野鳥の観察も、食べられる野草も木の実も、みんなそこで学んだ。
同じことを、子供に経験させてあげたい。
駅近だのコンビニ至近だのは、大人になったら簡単に選べる。(狭くて高いけど)
でも、土の匂いを、草いきれを、大人になってから選ぶのは、かなり意識しないとできない。

裸足の指の間を通る泥のぬくもり、摘み取った草の汁と汗の匂い。
日向に捨てられた大根葉の匂い、野焼きの煙。
笹笛の音、木登りした手のひらの熱さ、木の下には秘密基地。

感傷の押しつけかもしれないけれど、それをピースケが選べると思うだけで、私はなんだかもう一度自分が生き直せるような気がするのです。
[PR]
by sima-r | 2010-01-27 20:36 | Days

燃ゆる想いを

週末は、新型インフルの予防接種を夫と私で時間差で受けに行ったり(ピースケがいるのでバラバラに行きました)、DVDを観たり。
DVDは夫セレクトの「ランボー4」と「A Few Good Men」。

ランボーは、ものすごくものすごく怖かった。
虐殺に次ぐ虐殺!!
吹き飛ばされる人間の頭!!
地雷ではじけ飛ぶ人間!!
吊るされた死体!!
血しぶきと肉片!!
…という感じで、ものすご~く乳の出が悪くなる感じでほとんど正視できず。
CGの発展も考えものだよなあ。

今日は、ヒブワクチンの予約電話の後は(2月18日に接種できることになりました)のんびりマンガ三昧。
『ちはやふる』の7巻を買ったので、1巻から読み直し、また泣く私。
前にも書いたけれど、面白い、面白いよこれ!!

このマンガをお見舞いでくれたなっつんには話したのだけれど、このマンガがすごいなあと思うのは、競技かるたについての取材はもちろんのこと、細かなところもリアルに描こうとしているところ。
具体的には、登場人物の祖父(かるたの名人)が脳溢血のため自宅で要介護になった部分で、その祖父の寝ているベッドが介護用ベッドだったところ。
ここに私はガガーン!ときたのだった。

自宅でのシーンだし、ベッドなんて普通のベッドや布団でもいいはずなのに、介護用ベッド。
まんがだから、絵で表すためきっと介護用ベッドの資料を見たりして描いているんだろう。
普通の布団でも、読者も編集者も何も気づかないだろうに、わざわざ介護用を描いたその手間に、作者のものすごい思い入れと情熱を感じる。

このマンガの作者は、以前ネットで盗作疑惑で相当たたかれていた人だ。
私もリアルタイムでそれを見ていて、そのときは「うわ~、もうこの人はマンガ描けないだろうなあ」と思っていた。(それくらいすごい叩きだった)
でも、それをこの人は乗り越えて、たぶんものすごく入念に取材したり勉強して、誰に恥じることのない完全にオリジナルの作品を生み出した。
どんなに辛かったろうなあ、と思う。
でもそんな安い同情なんてかるーく吹き飛ばすくらい、この作品は面白い。
わくわくする。
青春っていいなあって思う。

この作品は、去年のマンガ大賞の第一位に選ばれてもいる。
面白いものは、ちゃんと評価される。
本物は、ちゃんと面白いのだ。
[PR]
by sima-r | 2010-01-25 19:50 | Books

親の趣味

子育ての方針にはほんとうにいろんな種類があって、実の親でも仲の良い友人でも、それぞれ違うものだ。
母乳 VS ミルク、赤ちゃんに靴下を家でもはかせる VS はかせない、添い寝 VS ひとり寝、離乳食は5か月から VS 1歳から、断乳 VS 卒乳、紙おむつ VS 布おむつ…。
いろんな考え方があるけれど、いちばんはっきり違いがわかるのって薬の使用についてじゃないかと思った。

湿疹にステロイドを使うことについて、調べるとものすごく怖いことがざくざく出てくる。
そんなのを読んでしまうと、とても怖くなる。
お医者さんの言うことを信じて素直に使っただけなのに、「医者を信じるな」なんて書かれると、専門家を信じてはだめなら、いったい何を信じればいいんだろう?と思ってしまう。

いま、息子のピースケにはあせもができている。
背中がいちばん多くて、おなかやオムツのギャザーのあたるあたりもある。
服を着ていない顔と頭、足には出ていない。
皮膚のトラブルは、ものすごく悪化していなければスキンケアだけで治る、というのは、私自身がアトピーで悩んでいたときに、皮膚科のステロイドよりも漢方薬よりも、コスメデコルテの美容液で治ってしまった経験から思っていることだ。
だから、ピースケのあせもも、まだかゆみは出ていないようだしスキンケアで治したいなあと思っていた。
でも、なるべく薄着にさせ、こまめな沐浴をしてみても、(まだ薄着生活を始めて二日目というのもあるけど)背中のポツポツがあまり減らないのを見ると、正直迷う。
ナチュラルにロハスに治したいというのは、私のエゴなんじゃないのか?

最近、悲しいニュースがあった。
あるカルトの信者の夫婦の7ヶ月の子供が、重いアトピーから敗血症を起こして亡くなった。
その夫婦は、子供を医者に診せず、手かざしで治ると信じていたのだという。
夫婦は、殺人容疑で逮捕された。

何の罪もないその子が、どんなに苦しい思いをしただろうと思うと胸が痛い。
同時に、その夫婦のことも思う。
手をかざして病気が治ると、その夫婦は本当に信じていたんだろう。
7カ月ともなれば、いないいないばあで笑ったり、おもちゃで遊んだりするころだ。
はいはいもできていたかもしれない。
そんなかわいい自分の子供を、その夫婦は自分たちなりに手かざしで一生懸命治そうとしたのだと私は思いたい。

そして、今の私自身、スケールは違えど同じ匂いがするんじゃないのか?とも思った。
まだあせもはかゆくないレベルなのでのうのうとしているけれど、もしこれが悪化してピースケがかゆがって泣いたりしたら。
私はその時でも、薄着だの桃の葉だの言っていられるか?

医者を信じすぎるのも問題だ。
でも、薬を怖がりすぎるのも問題だ。
この情報ばっかりの時代、正解なんてない価値観乱立の時代。
いちばん問題なのは、「私は○○派」というように、自分の行動を決めてしまうことなんじゃないのかと思う。
私は自然派、だから薬は使わない。
私は医学派、だからステロイドもバンバン使う。
きっとどっちもよくなくて、日和見だろうとどっちつかずだろうと、どんな意見もバランスよく、というのがいちばんいいのだと思う。
親の趣味に、子供をつきあわせちゃいけない。
面倒でも、いろんな意見を聞いて、考えて、凝り固まらず。
子育てしてなくたって、こういう態度って大事だなと思った。
[PR]
by sima-r | 2010-01-22 11:16 | Maternity

責任を負うこと

この間の3連休から、息子のピースケは大人のお風呂に入るようになりました。
これまでは洗面台にお湯を張って入れていて、重いし狭いし大変になってきたので大人風呂デビューしたのでした。
初めて入れたときは夫と、「夫=ピースケの服を脱がしてお風呂に連れてくる」「私=お風呂に入れる」「夫=ピースケを回収して服を着せる」と分担していたのですが、結局夫は三助状態で洗面器を渡してくれたりお湯をかけてくれたりと二人がかりに。
今は平日は私がひとりで入れています。

子供を育てていて、ときどき思うこと。
今、私が抱いているこの子は、私の意でどうにでもなってしまうのだなあと、怖くなる時があります。
たとえば、風呂上がりに肌が乾燥するから何かつけてあげたいけれど、私の使ってる化粧水をつけちゃおうかな?と考えて、いろんな化学成分たっぷりの化粧水でもしもかぶれてしまったら。
化学成分が怖いので今は馬油とホホバオイルのみで保湿しているけれど、それで水分が足りずに湿疹ができてしまったら。
B型肝炎の予防接種も受けようかと考え始めたけれど、予備知識もこれまでなかったのに受けても本当に平気かとか。
大きなことから小さなことまで、私が全部決めることが少し怖くなる時があります。

今も腕の中で、おっぱいを飲んで満足してキューキュー言って寝ているピースケを見ると、こんなにすべてを委ねられ任されることが怖い感じ。
ものすごく怖いわけではないけれど、自分以外に対して全責任を負うことの重みを、ちょっとずつ実感してきているのかもしれません。

いまピースケは体にポツポツが出来てきていて、それが洗いすぎによるのか洗わなすぎによるのかわからず、とりあえず石鹸を使わないでオイルで保湿しながら様子を見ています。(ステロイドや薬を使いたくないので、肌のバリア機能を守ってゆっくり治す方針です)
まだできかけの湿疹だけれど、これでもしひどくなったらオカーチャンの見立て違い。
どうかひどくなりませんように。
[PR]
by sima-r | 2010-01-20 10:28 | Maternity

えーちゃんが来た

昨日は、えーちゃんが遊びに来てくれました。
えーちゃんは中学校時代の友人で、ただいま妊娠6カ月。
ふんわり出てきたおなかをさわらせてもらって、うれしい気持ち。
友達のおめでたい話って、ほんとうに幸せになるなあ~。

おしゃべりしながら、私が妊娠時にいろんな友達に教えてもらった情報を伝授。
腰痛の体操とトコちゃんベルトには、ほんとうに助けられたものなあ~。
こうやって、友達同士でよかった情報を次々に伝えていって、後の人がどんどん楽になるといいなあ。
そして、ついつい「マタニティエクセサイズとかウォーキングとかしなくていいから!これまでどおり暮らしてれば十分だから!早く出てきちゃう方が怖いから!」と熱弁をふるう私。
たとえ心配症のばあちゃんのようであろうと、もう切迫とか早産の辛さを人に味わってほしくない。
どんな赤ちゃんも、元気で産まれてきてほしいな。
子供は宝だ。
ほんとうにそう思います。


そして、今日見ていた動画。
なんだか泣ける~。
やるなあGoogle!



ピースケが生まれた日、夫もこうやって愛知から駆けつけてくれたのかな。
[PR]
by sima-r | 2010-01-15 13:19 | Days

予防接種いろいろ

今月の25日で、息子のピースケも生後3カ月。
いよいよ予防接種が本格的に始まるので、今日は一日かけて予防接種について調べていました。
どういうスケジュールで受ければいいのか全然わかっていなかったので、このサイトスケジュールを熟読。
B型肝炎の予防接種があるなんて知らなかった・・・。

同時に、ヒブワクチンが受けられるところを探してあちこちの小児科に電話。
しかし、ほとんどが「半年待ち」「5月まで予約は見合わせ」という返答でした。
仕方なく隣の市の総合病院に電話すると、1月25日以降に予約すれば早ければ2月4日に受けられるということなので、それに期待しようと思います。

しかし、いろんなワクチンについて調べていてびっくりしたこと。
天然痘が根絶宣言されたのは知っていましたが、なんと日本での最後の天然痘患者はオセロの中島知子だったそうです。
なんだか身近で怖いような面白いような・・・。
[PR]
by sima-r | 2010-01-13 18:47 | Maternity

怖い表紙

3連休は家でのんびりすごしていました。
夫とDVDを観たり、本を読んだり。

DVDは「ボーン・スプレマシー」。
次々に現れる追手から逃げるボーンを見ながら思ったのは、「ボーンって美容院行くのかな?」ということ。
夫に言うと、「自分で切ってるんじゃない?」と言っていました。
映画やドラマを見ると、「いや、こんなハードスケジュールで逃げてたら、もっと髪はぐちゃぐちゃになるし口紅だってはげるはず・・・」と、余計なことが気になってしまう私です。

本は、図書館で借りてきた『シルバーチャイルド』。
クリフ・マクニッシュ作品は、しつこいくらい身体的苦痛の描写が多くて、読んでいて怖くてついつい猛スピードで読んでしまうのだけれど、今回も怖かった・・・。
怖いというより後味悪い感じ。
そして、ストーリーは冗長かなあ。
レイチェルシリーズの方がジェットコースター的に楽しめました。
マクニッシュ作品はあと2作借りたので、ゆっくり読んでみます。
ちなみに、『シルバーチャイルド』は1巻の表紙がめちゃ怖いです・・・。
夜中の授乳中、表紙の目と目が合って怖かった・・・。
[PR]
by sima-r | 2010-01-11 19:35 | Books

病院さがし

このあいだの健診で打ってもらったRSウィルスの抗体の注射は、抗体の有効期間が1カ月しかないのです。
RSウィルスは、大人がかかっても咳風邪のような症状が出るくらいなのですが、体に抗体を持っていない早産児が感染すると重篤な症状になってしまうウィルスです。
ピースケも早く産まれたので、抗体を打ってもらうことにしました。
ウィルスが流行する3月までのあと2回、月に一度打たなければならないのですが、なにせ産まれた病院は遠いのです。
なので、近場で病院を探すことにしました。

薬の名前は「シナジス」というのですが、シナジスを打ってくれる病院はとても少ないのです。
総合病院クラスの大きさでないと、まず扱っていません。
というのも、この注射はとんでもなく!高価なのです。
ピースケの体重だと、1回15万円(!)ほどかかるそうです。
乳児は保険がきくので無料になりますが、とんでもない値段です。
なので、小さな開業医だとたいてい包括診療(どんな治療をしても同じ金額を請求する)なので、この注射は高額すぎるためやっていないようです。

しかし、引っ越してきて1カ月と少し。
まだ土地勘がゼロに近いので、近くに住んでいたことのある友人に聞いたりネットで調べたり。
そうしたら、救急センター的な大きな病院が、タクシーで1000円くらいの場所にあることが判明!!
無事に予約も取れ、今までの病院からは紹介状を書いてもらうことにしました。
ああ、安心した!!

あとは風邪のときなどにすぐかかれるような、かかりつけ医を早くみつけたいな。
病気は待ったなしだから、いざというときに慌てないようにしないとなあ。
どうか、病気になんかなりませんよう!!
[PR]
by sima-r | 2010-01-07 12:48 | Maternity

milk wear

昨日は、なぎさんが遊びに来てくれました。
なぎさんにはもうすぐ2歳になる男の子がいるので、サイズアウトした服を息子のピースケ用にたくさん持ってきてくれたのでした。
男の子らしい、かわいい服ばかり。
今は「THE 赤ちゃん」なテイストのベビー服一辺倒のピースケが、こんな服を着るようになるんだなあ~。
夢が広がる~!

「THE 赤ちゃん」といえば、赤ちゃんが家にやってきて私は趣味が変わったようです。
それまで、シンプルなものやナチュラルな色が好きで、寝具やタオルもベージュや茶色にそろえていたのですが、赤ちゃん関係のものもそうするとなんだかつまらないのでした。
というのも、アカチャンホンポへ行った時、あまり気乗りせずに買った「THE 赤ちゃん」的服が、着せてみたらかわいくて!!
色は水色だし、胸にアヒルのでっかい刺繍があるし、きわめつけに「milk wear」とか意味不明の英語が書いてあるのに!!
やっぱり、根強く売られているものっていうのはちゃんと似合うようにできているんだなあ。
今しか着られないベビー服姿、じっくり見ておこう・・・。

しかし、最近の小さい子はみんなおしゃれですね。
ちゃんと流行をとりいれてたりして、すごいなあ。
私はおしゃれ方面はとんと疎いので、子供が思春期になったころに遅れをとらせてしまうんだろうなあ。
がんばれ、ピースケ!
英字新聞の絵のシャツでも鋲の入ったジャンパーでも、自分で選んでくれ!!
[PR]
by sima-r | 2010-01-06 10:18 | Maternity

一カ月検診へ

今日で息子のピースケが退院してから1カ月。
あっというまだったなあ~。

昨日は生後1カ月検診に、産まれた病院へ行ってきました。
産まれたのは10月25日だから生後1カ月はとうにすぎているのだけれど、早く産まれた場合は「修正月齢」といって、出産予定日から起算して月齢をカウントし、発達も修正で見るのです。
引っ越したせいで病院が遠くなってしまったので、タクシーと電車を乗り継いで出発!

いまのところ発達は特に問題なし。
何よりも驚いたのは、ピースケの成長っぷり。
なんと、体重は4385グラムになっていました。
退院時から比べると、1カ月で1429グラムの増加。
退院してからだと、1日に47グラムの増加率です。(産まれてからだと1日33グラム増)
これまでは成長曲線(平均的な身長・体重増加のグラフ)からはずれてしまっていたのに、驚異の追い上げで平均のラインに突入しました。
こ、これは・・・。
もしやものすごくでかい子になるのでは・・・。

身長は53.9センチ。
産まれたときは43センチだったので、2か月で10センチも伸びたのだなあ。
どうりで、新生児サイズ(50センチ)の服がぱつんぱつんなはずだ・・・。

栄養相談やRSウィルスの抗体の注射もしてもらったので、病院滞在時間は3時間半。
くたびれたけれど、ピースケは注射でも少ししか泣かず、電車でもすやすや寝てくれて、本当にいい子でした。
この調子で大きくなれ!!
[PR]
by sima-r | 2010-01-05 07:36 | Maternity



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧