生活チープサイド

<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

産まれました!!

10月25日朝8時42分。
男の子を出産しました。
妊娠32週と5日。
1972グラムでした。

明け方3時過ぎに当直の先生の診察を受けたときには、子宮口が既に全開しており、これまで入院していた病院ではNICUがないため産めず、明け方4時に救急車で大学病院に搬送されての出産でした。
幸い、人工呼吸器はつけずにすみましたが、おそらく出産予定日だった12月15日くらいまでは入院になるだろうとのこと。

おなかに予定日まで入れてあげたかった。
私のせいで、普通より頑張ることになった息子。
ごめんね、と、いっぱい謝りたかった。

でも、保育器で再会したとき、私がごめんねと言うと、息子は泣くのだった。
謝れば謝るほど泣く。
ありがとう、と言うと、息子は泣きやんだ。
いい子だね、と言うと、新生児特有のニヤリとした笑顔になった。
偶然かと思ったら、その後にも、息子は「ごめんね」と言うと泣く。

だから、私はもう謝らない。
そのぶんたくさん、ありがとうを言おう。
ちいちゃな身体で、いっぱいに生きている息子。
一生分の親孝行をしてくれた息子。

息子の写真を、愛知の祖母のもとに夫が送ってくれた。
末期がんの祖母は、目を開いて写真を見て、声を出したそうだ。
それがどれくらい大変なことか、私はよく知っている。
祖母は、その2日後に亡くなった。
息子は、おばあちゃんに見てもらうために出て来てくれたんだな。
おばあちゃんに初ひ孫を、持たせてくれたんだな。

私は頑張ろう。
夫と息子と3人で、いっぱい楽しいことをしよう。
この世は、なんだかんだあってもいいところで、生きることは楽しいと、一緒に確かめあっていこう。
たくさんの「ありがとう」を、伝えていこう。

私は、お母さんになった。
私と夫を選んでやってきてくれたこの子を、ずっとずっと守り続けていこう。
[PR]
by sima-r | 2009-10-29 21:22 | Maternity

痛い

痛い
時間がたたない
病院移りたくない怖い
[PR]
by sima-r | 2009-10-25 01:01 | Maternity

腹痛と出血

昨日点滴をはずしてもらって、11日振りにシャワーと洗髪。
お腹も張らないし順調〜と思っていたら、今朝からずっと腹痛がある。
便秘対策の薬を毎食飲んでいたので、腸が動きすぎてるのでは?と言われたけれど、一向に治まらない。
おなかの張りを見る機械で測定すると、少し張りが来ているけれど、やはり腸かもねと言われる。
夕食時、おなかが痛くてトイレに行くと、少量の出血があった。
看護士さんに言うと、とりあえず様子を見ようとのこと。

ちょうど週末で先生もいなくなるし、今夜の夜勤の看護士さんが、数々のうっかり伝説を持つうっかりナースなのでとても不安。

とにかく、ずっとおなかが痛い。
痛いと不安になるな。
どうか何事も起こりませんように。
[PR]
by sima-r | 2009-10-24 20:48 | Maternity

9ヶ月!!

今日からついに9ヶ月に入った!!
現在32週。
赤ちゃんの肺ができるのが34〜35週だから、やっとゴールが見えてきた感じ。
とはいえ、最終目標は37週、出産予定日は40週だから、まだまだ先は長いのだけれど。

入院していると、自分の裸の状態を鏡で見られないので、おなかがどれくらい大きくなったかいまいちわからない。
でも、入院したての頃は肋骨の真下までは子宮が来ていなかったから、やっぱり育っているのだろうな。
だんだん、今赤ちゃんがどっち側にいるのか、見てわかるようになってきた。
触ると更にわかって面白い。
「いるよ〜」と思う。

胎動はとても元気。
ときどき、中で何をしたんだ!というほどの痛みがあるほど。
寝返りをうったり、しゃっくりしたり、なんだか「おなかの中でごそごそしてる人がいるなあ〜」という感じ。

土曜日に姉が編み物グッズをプレゼントしてくれたので、今日から編み始めた。
すぐ使えそうなのが胴着しかなかったので、頑張って作ってみようと思う。
高校の家庭課以来だ…。
無器用だから手作りは苦手だけれど、手を動かすのは楽しいな。 
入院中に完成できたらいいなあ。
頑張ろう。
[PR]
by sima-r | 2009-10-20 21:33 | Maternity

4回目診察(来週退院?)

診察。
子宮頚管の長さは2センチ弱。
良くなってはいないけれど、現状維持なのでよかった。
おなかもあまり張らないので、木曜に点滴を抜けることになった。
その後しばらく服薬で様子を見て、現状維持をキープできそうなら退院を考えましょうとのこと。

入院はたしかに体はとても楽だけれど、やっぱり帰れるなら帰りたい。
一人の時間が24時間ない生活は、やっぱり疲れる。
ひとりごととか、思いきり言いたいなあ。
なんだか、パジャマでメガネで先生や看護士さんに愛想よく振る舞い、大きな声も出さず、出された食事を食べるだけの生活を続けていると、なんだか自分がヒツジになったような感じ。

このままうまくいって、来週土曜とかに退院できたらいいな。
今いちばんやりたいことは、家で夫とおひげと寝転がってテレビを見ること。
同室の人を気にせず、普通にしゃべること。

夫は、愛知のおばあちゃんの病状がとても悪いので、毎週末愛知へ行っていて大変そうだ。
おばあちゃんの様子を聞いていると、母のことを思い出してせつない。
思い出せる限りの母にしてあげたことを、介護を担う義母にメールする。
年齢も状況も違うからあまり役に立たないかもしれないけれど、少しでもおばあちゃんが楽になれますように。
[PR]
by sima-r | 2009-10-19 21:54 | Maternity

誕生日

誕生日。
友達からお祝いメールが来て、しみじみ嬉しい気持ち。
今年は、赤ちゃんと一緒の誕生日だねと書いてくれた人がいて、そうか!と思う。
赤ちゃんがおなかにいての誕生日って、ひょっとしたら今後もうないかもしれないんだな。

夜、夫がケーキを買ってお見舞いに来てくれた。
とても忙しいのに来てくれて、すごく嬉しい。
夫と結婚できて、私はほんとに幸せ者だなあ。

不安になってしまうとき、夫に会いたくて仕方がなくなって、「切迫早産 夫に会いたい」とかのキーワードでネット検索をする私。(同士がいるかと思って…)
たくさん出てくるかと思ったのに、そうでもなくて物足りなかった。
でも、こんなトピックがあってちょっと嬉しかった。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0805/255533.htm

やっぱり、何年たっても好きでいいんだな。
夫と私は付き合って13年になるけれど、年が立つほどにもっと好きになる。
本当に、出会えてよかったなあ〜。
[PR]
by sima-r | 2009-10-14 21:44 | Maternity

3回目診察(少し好転)

今日は診察があった。
子宮頸管の長さは現状維持だけれど、測りようによっては2センチ以上にも測れるそうでよかった!
点滴の刺し直しをすることになったので、点滴を抜いたタイミングで2週間ぶりにシャワーも浴びられた。
赤ちゃんは現在1600グラム。
超音波で見ると、口を開けたりまばたきをしていて、ちょっと涙が出てしまった。
こんな頼りない私のおなかで、ちゃんと育ってくれていたんだな。
ありがとう、と思った。

この3連休は、夫がおばあちゃんの容体悪化のため急遽愛知に行ってしまったので、残された猫のおひげの世話をa作となっつんにやってもらったのだった。
二人とも遠いし忙しいのに申し訳ない…。
でも、おひげの声を電話で聞かせてくれたり、写真を撮って来てくれたりしてすごくすごく!嬉しかったしありがたかった。
おひげに会いたいなあ〜。

今日は、寂しがる私のために、夫も来てくれた。
やっぱり、夫の顔を見るのがいちばん安心する。
安静生活になって1ヶ月、入院して明日で2週間。
まだまだ先は長いけれど頑張ろう。
[PR]
by sima-r | 2009-10-12 18:36 | Maternity

点滴のケンシロウ

入院12日目。
初日からずっと点滴をしっぱなし。
同室の人で私より2週間前からいる人は、ついに点滴を刺せる場所がなくなってしまった。
右腕も左腕も腫れ上がり、ケンシロウみたいに針のあとがたくさん。
手の甲や足の甲も刺されて、内出血で真っ黒になっている。
恐ろしい!!

私はさいわい血管が丈夫なのか、まだ刺し直しはしないですんでいる。
でも、昨日になって「まだ刺し直ししていませんでしたっけ?最低でも 1週間でつけ直した方がいいんですが」と看護士さんに言われてしまった。
でも、もう週末に入ってしまうし、とりあえず今は腫れても漏れてもいないので、週明けまで待って刺し直すことに。
次は右手になるそうだから不便そうだなあ〜。

でも、調べてみると、点滴の留置針の交換は、厳しいところでは72時間で交換になっているらしい。
理由は、雑菌の繁殖による感染を防ぐためとのこと。
私、この間、点滴のチューブが途中の部分で外れて床に水たまりを作ってしまったのだけど、大丈夫だったのかな。
ナースコールしたけど、看護士さんは消毒も何もせず、床に落ちたチューブをそのままはめ直していたけれど。
考えると怖いから考えないでおこう。

まだ先は長いから、どうか血管がもちますように。
[PR]
by sima-r | 2009-10-11 14:14 | Maternity

家族の夢

入院してから、毎日家族の夢を見る。
夫や夫の家族ではなくて、自分が育った方の家族だ。
登場するのは母や姉が多くて、次が父だ。
でも、誰が出てきても、私は夢の中で彼らにものすごく腹を立てている。
腹が立ちすぎて寝言で怒ってしまい、自分の声で起きてしまうことも多い。

この間、母が出てきた夢では、私は母に「だって死んじゃうくせに!!」と怒っていた。
きっと私は、私が大変なのに母がいなくて怒っているんだろうな。
旅行好きだった母は、生きている間だって私が大変な時はいつも旅行中だったから。
今はもう死んで、永遠に旅行中になってしまった母。

同室の人たちは、みんなお母さんがお見舞いに来ている。
家が近くの人は、毎日来る人も多い。
きっと、私はそれをうらやましく思っているんだろうな。

姉や父については、いい人だけれどあまりに違う人間すぎて頼ることができない。
何かを頼みたくても、頼む労力を考えると気が遠くなり、頼もうと思えない。
とても心配してくれているから、悪いとは思うのだけれど。

でも、とにかく私は夢で怒っている。
ひょっとしたら、今の自分の状況について怒りたいのに怒れなくて、代わりにいちばん怒りやすい相手に怒っているのかな。

毎日寝転がって、ご飯は上げ膳据え膳、ゲームして夫や友達に励ましてもらって。
こんなお姫様みたいな生活をしてるのに、まだ不満がある私は、本当にわがままで甘ったれなオヒメサマなんだなあ。
[PR]
by sima-r | 2009-10-10 17:29 | Maternity

おばあちゃんに送る写真

夫のおばあちゃんの容体がよくない。
かなり厳しいとのことなので、夫は今夜から3連休、愛知へ行くことになった。
おばあちゃんは肝臓がんだ。
付き添っているお義母さんに容体を聞くと、母の時と似ていて切ない。

私の写真を見たら喜ぶからとお義母さんに言われて、病院に来て、初めて化粧をした。
コンタクトを入れて、ファンデーションと眉を書いただけで、一応ちゃんとした顔になった。
それで写真を撮って、おばあちゃんに送った。
ずっと言いたかった「ありがとう」というメッセージといっしょに。
お義母さんが読んでくれて、おばあちゃんにありがとうが言えた。

本当は自分で言わなくちゃいけなかった言葉。
また次回、なんてないかもしれないのに、まだ時間はあるなんて思っていた。

どうか、おばあちゃんが苦しくありませんように。
[PR]
by sima-r | 2009-10-09 19:56 | Maternity



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧