生活チープサイド

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

さよなら自然分娩教

最近思うこと。
それは、世の中には「自然分娩信仰」というべき考え方があるんだなあということだ。
私はこれまでそういう考えにふれたことがなかったので、そういう人たちの言っていることにちょっと戸惑ってしまった。

帝王切開や陣痛促進剤を、そういう人たちはよく思わないらしい。
それは私だってそう思う。
普通に産めるなら自然分娩でいきたい。
でも、何が起きるかわからない出産の現場で、医療的な判断で行われるそれを、否定やマイナスのものとして考えたことすらなかった。

帝王切開などの技術なんてない昔から、人は脈々と出産の営みを続けてきた。
だから、昔のような自然なお産を、と、そういう人たちは提唱するのだろうか。

でも、それは裏を返せば、昔はたくさんの産まれられなかった子がいるということではないだろうか。
流産や早産ははるかに多かっただろう。
出産で亡くなる人も多かったろう。
それを思うと、現代は医療によってたくさんの命が救われている、とてもとても豊かな時代なのだと思う。

今、私は切迫早産で入院し、安静にしていなくてはならない。
昔には存在しなかった張り止めの薬だって、24時間点滴して2ヶ月近くすごさなくてはならない。
そういう身に、自然分娩信仰の考え方はちょっとばかり、いや、ものすごく強烈に辛い。
いや、言葉を取り繕うのをやめれば、ものすごく激怒している。

「いいお産」とは、赤ちゃんが生きて産まれることだ。
それがどんな道を通ったお産であろうと、生きて産まれた子を抱っこできさえすれば、私はそれで十分なのだ。

妊娠がわかったとき、私はとても嬉しかった。
よく「五体満足であればそれでいい」と言うけれど、私は、五体「不」満足でも、生きて産まれてくれれば、もうそれだけでいいと思った。

足が1本なかったら、かっこいい義足を作ろう。
手が3本だったら、袖が3つのTシャツを作ろう。
目が見えないなら、たくさんの本を読んであげよう。
そしてたくさんのことを、一緒に学んでいこう。

帝王切開だろうが、 陣痛促進剤だろうが、君が生きて産まれてきてくれるならどうだっていい。
産道を通ろうがおなかを割って出てこようが、口から出るんだっていい。
君の命が何よりの最優先事項で、その出てき方云々で文句なんて誰にも言わせない。

自然分娩教の人たちは、帝王切開や陣痛促進剤で出てくると、その子は世界を怖いものだというトラウマを抱えて生きるとか、具の骨頂のことを言ってるらしい。
ほんとに、ほんと〜うにアホかと思う。
自分の体にでっかい傷跡を残したい女性がどこにいるんだ。
子供の命に変えられないから、腹をかっさばいて命がけで出産してるんじゃないか。
私も子宮外妊娠でおなかを切ったことがあるけれど、術後はとても体が辛かったし、傷跡はケロイド化して一生消えない大きな跡になった。
帝王切開のお母さんたちは、もっと大きな傷があるだろう。
でも、それは勲章だ。
子供のために、できるかぎりのことをした勲章だ。

自然分娩が悪いわけではもちろんない。
悪いお産なんてない。
命が誕生する道に、間違いなんてない。

そんな当たり前のことを、ロハスだかナチュラルだかカルトだか知らないが、わかってない人がいることに呆れかえる。

本当はこんな日記は書きたくなかった。
文中では、そんな考え方の宣伝になるのも嫌で、あえて個人名やそういう考え方の名前は書かなかったけれど、もっともっとひどいことを彼らは言っている。
私は、そういう考え方の存在を知ってしまって以来、毎日のように思い出しては腹が立って眠れなくなったりしている。
少なくとも、私は妊婦だ。
妊婦をこれだけ怒らせ、とことん不愉快な思いをさせる考え方を、私は一生理解しないし軽蔑して生きるだろう。
もし賛同している妊婦の方がいたらとても申し訳ないけれど、少なくとも私にとっては、役に立たないどころか有害でしかなかった。

何度だって言おう。
すべてのお産は奇跡であり、祝福されたものだ。
ある一つの方法しか認めない考え方は、奇跡の賜物である命を侮辱するものであり、選民思考にもつながる底の浅いものだ。
自然であればいいってものじゃない。
こう感じるのがこの世で私一人であっても、私はそう思い続けるだろう。
そんなくだらない考え方から、子供を守り続けるだろう。
[PR]
by sima-r | 2009-09-30 17:00 | Maternity

明日入院!!

今朝病院に電話したら、明日来てくださいとのこと。
うーん、ついに入院だ。
平日で夫が休めないので、大事をとってa作に来てもらうことにした。
朝早いのに申し訳ない…。

やっぱり切迫早産で入院したことのあるよっちゃんや、2週間後が第二子出産予定のまきつんも電話をくれた。
愛知のお義母さんも、おばあちゃんの介護があってとても忙しいのに、手作りのお惣菜を何度も何度も送ってくれた。
そして何より夫が、不安になってすぐ泣いたり八つ当たりをする私を支えてくれた。

私、ほんとに頑張ろう。
赤ちゃんを頑張って大きくして、元気にいっしょに退院してこよう。
[PR]
by sima-r | 2009-09-28 21:00 | Maternity

入院決定

やはり入院になってしまった。
昨日病院へ行って診てもらったところ、子宮頚管の長さは2センチを切ってしまっていたのだった。
前回3.5センチだったのに…と聞くと、頚管が長くなることは普通なくて、測るタイミングの違いだろうとのこと。
間違いないのは2センチないということだそう。
今はベッドに空きがないので、明日月曜に病院に電話して空き状況を聞いて入院ということになった。
入院したら、7〜8週間は入院になるとのこと。

ときどき我慢できなくて片付けをしてしまったりしたけど、他はずっとずっと横になって、トコちゃんベルトで骨盤を縛り上げていたのにな。
しょんぼりだ。

でも、これは病気のためではないから。
一昨年、子宮外妊娠で緊急入院したあの時とは違う。
去年、末期がんの母の闘病で泊り込んだ大学病院やホスピスとは違う。
あと2ヶ月半を目標に頑張れば、赤ちゃんに会える。
楽しい、嬉しいことのための苦労だ。

でも、こんなことになるなんて思っていなかったから悲しいな。
母親学級も一度も行けず、ちょっと憧れてたマタニティヨガも参加できず。
秋冬に着ようと買ったマタニティウェアも、入院中はパジャマだから着られず。
夫と2人で両親学級に行ったりしたかったな。

心配していた入院費用は、切迫の場合は保険がきき大部屋も差額ベッド代がかからないそうなのでなんとかなりそうだ。
でも、ネットでついつい切迫早産について調べていたら、出産で入院する人が、「大部屋だと切迫の人とかも同室なので気を使うから嫌だ」と書いてあるのを見て暗い気持ちに。
さらに、「妊婦友達のこれこれな言動が腹立つ!その人なんて切迫で自宅安静になってるくせに!」みたいなことを書いている人もいて、さらに暗い気持ちに。

悪いことしたから切迫になったんじゃない。
でも、切迫の人をそんな風に見る人だって、世の中にはいるんだな。
いろいろ調べて思ったのは、切迫早産になるかならないかは、体質や運によるところが多いということだ。
たとえば仕事をすぐ辞めていたとしても、栄養たっぷりのご飯を食べて規則正しい暮らしをしていたとしても、健康な妊婦とまったく同じことをしていても、なるときはなる。
わかっていても自分を責めてしまいがちだけれど、ましてや切迫に縁のない人ならなおさらだろう。
そうか、そうなんだな。

まだどんな人と同じ部屋になるかわからないけれど、私はほかの人のストレスにならないよう過ごそう。
どんな人も、入院してる人は人生の一大事の時をすごしている。
どうか、入院が短くてすみますよう。
夫と気兼ねなくしゃべれたり、猫のおひげといっしょにすごせる時間が少しでも多くもらえますように。
[PR]
by sima-r | 2009-09-27 20:53 | Maternity

安静の敵

明日は病院。
なのに「検索ちゃん」を見ていたらものすごく面白くて、文字どおり腹を抱えて笑ってしまった。
腹筋を使わないように安静にしてるのに、これじゃ台無しだ!
どうか明日、入院と言われませんように。

それにしても爆笑問題の太田さんは、なんでいつもあんなに面白いんだろう。
笑いたくないのに、彼を見ると笑いがこらえられない…。
楽しいんだけど、安静の敵かも。
[PR]
by sima-r | 2009-09-26 01:35 | Maternity

安静の親友

寝てばかりで体力が落ちてしまってるのか、ちょっと動いただけでぐったり。
こんなので出産に耐えられるのだろうかと心配だ。

薬の副作用は、飲む時間を調節すれば大丈夫そうな感じ。
飲んで1時間くらいがいちばん副作用が強いようなので、寝る2時間前には最低でも飲むようにしたり、食後にこだわらず一定時間ごとに飲むようにした。
副作用が強ければ、薬もよく効いているのだと思って頑張ろう。

自宅安静の何がいいと言って、猫のおひげがいることだなと思った。
病気でもないのにいっしょに安静にしてくれるおひげ…。
気が向くと私の脇の下や腕を揉んでくれるおひげ…。
気さくな性格の猫なので、遠くにいても呼ぶと走って来てくれるおひげ…。
私の腕を枕にして寝て、夢を見て歯ぎしりしたり口をちゃぷちゃぷ言わせるおひげ…。
本当に、おひげと暮らせてよかったなあ〜。
猫って、いちばんの安静の友かも。
[PR]
by sima-r | 2009-09-25 15:53 | Maternity

副作用?

また今夜も眠れなくなってしまった。
背中が痛くて、みぞおちのあたりも痛む。
午後からずっと手はしびれっぱなし。
吐き気と 、ちりちりしたおなかの痛み。
下半身も少ししびれている。

疲れて眠りたいのに、この不調は辛い。
動悸や手のしびれは、張り止めの薬(ルテオニン)の副作用だと思うけれど、痛みはなんなのだろう?

気分が悪くてドラクエもやる気にならず。
このしびれと吐き気は、これからずーっと続くのかな。

でも、今日で28週に入った。
ようやく8ヶ月!!
まだ先は長いけど、一日ずつ頑張っていこう。
[PR]
by sima-r | 2009-09-22 04:02 | Maternity

安静の友


切迫早産の安静生活になって1週間がたちました。
先週木曜に病院へ行ったところ、短くなってしまった子宮頸管の長さが2センチから3,5センチに戻っていたそうで、少し安心しました。
しかし、それとは別に羊膜に炎症があることがわかり、早産リスクはまだとても高いという診断で、まだまだ安静生活は続きそうです。

そして、決めたことがひとつ。
それは、早産についてや炎症について、ネットで調べないこと。
ついつい不安になって調べてしまいがちだけれど、ネットには怖いことがたくさん書いてあるので。
それで不安になってストレスで眠れなくなるなんて、本末転倒だなあと痛感したのでした。

それにしても、ドラクエの精神安定効果はすごい〜。
やってる間は面白いので完全に思考が止まるし、やたら時間がかかるので暇つぶしに最適です。
切迫早産で安静生活の人には必須アイテムかも!
どうせ時間はたっぷりあるので、コンプリート目指して頑張ります!
[PR]
by sima-r | 2009-09-21 22:53 | Maternity

一日千秋

眠ろうとすると悪いことばかり考えてしまう。
おなかが少しでも張ったり、痛みがあると怖い。
骨盤高位とか、シムスの体位がいいのだろうかと思ってはポーズを変え、腰の痛みが耐えられなくて違うポーズをしてしまうと罪悪感で暗い気持ち。

次の検査は、木曜から土曜までのどこかで来てくれと言われているので、私は木曜に行くつもりだ。
でも、いつも混み合ったあの外来で座って待つのって大丈夫なんだろうかとか、中待合のところに布団を敷いた部屋があるけど、あそこで待たせてくれるよう頼んでみようとか、もし受診即入院になってしまったらどうしようとか、いろんなことを考えてしまう。
あの病院は、差額ベッド代がいちばん安い大部屋でも15000円だった気がする。
もし入院になって3ヶ月入院したら、部屋代だけでも135万円。
そんなのとても払えないから、大部屋無料の病院に転院させてもらえないか聞こうとか、さもしいことを考えてしまう。

小さな小さなことも気にかかる。
子宮頸管無力症で、子宮の口を縛る手術をしたけど抑えきれず早産になってしまったという知人の話をした人がいた。
それを聞いてとても怖くなった。
たくさんの友人の話や、ネットの体験談で、どんなにたくさんの切迫の人が後期まで安静に耐えて無事出産しているか頭でわかっていても、たった一つの怖い話が頭を離れない。
3ヶ月なんてあっという間だよ、とも言われた。
終わってみればそうなんだろうな。
でも、たったあと2日後の受診が永遠みたいに思える今は、そんな言葉も恨めしい。

この張りは正常なのか? この痛みは普通なのか?
夜は静かだから、体のことにばかり耳を澄ましてしまう。
早く朝になれ。
[PR]
by sima-r | 2009-09-16 03:01 | Maternity

切迫早産

土曜日、検診で切迫早産の診断を受けてしまいました。
9月に入って仕事の引き継ぎが忙しく、早退どころか残業までしていた り、無理が続いていたのかもしれません。
10月から産休なので、あともうひとふんばりと頑張ってしまったんだなあ〜。

診断によると、子宮の出口にあたる子宮頸管という部分が4センチ 以上なければならないところ、私は2センチ程度しかなくなってい るとのこと。
0センチで出産になってしまうので、導火線に火がついたような気持ちです。
まだ7ヶ月、26週なので、いかに今の医療が進んでいても、 今生まれたら致命的だと何度も言われました。
入院が必要なレベルだけれど、とりあえず自宅で安静にして1週間様子を見て 、次回の検査結果で入院になるか決めることになりました。
自宅安静とは薬を飲んでただ寝ているだけなのですが、入浴もだめで家事一切はアウト、まさに寝たきりの生活です。
トイレに行くときだけは立てるので嬉しい…。

しかし一日中寝ていると、ただでさえ妊娠してから痛かった腰がものすごく痛むのでした。
5分も同じポーズがとれず、眠れなくて心が弱り、安静初日からめそめそする私…。

しかし、そこで登場するのが我がスペシャルハズバンドなのでした。
ああ、スペハズ伝説よ再び…。
2年前に私が子宮外妊娠で入院したときも、去年、母の闘病で人生最大のピンチが襲ってきたときも、夫は獅子奮迅の大活躍で助けてくれたのですが、今回もまた新たなる伝説が!

土曜の診断を聞くや否や、起き上がれなくなる私のためにiPhoneを契約しに行き(普通の携帯はネットが不便なので)、食料の調達、 食事の支度や家事一切を引き受け、腰痛を訴える私用にムアツ式の高い布団を買いにいき、寝てるだけで暇だようとわがままを言えばドラクエも買ってくれ、こんなに甘やかされていいのか!というくらい頼もしいのです〜。(のろけ)
特に布団は素晴らしい効果で、これまで苦しんでいた骨盤の痛みはまったくなくなりました。
長時間寝ているとさすがに腰が痛みますが、普通の布団に比べたら全然違うのでした。

そして平日の食事はどうしよう?と思っていたのですが、月曜の朝には義母からトロ箱にぎっしり入った手作りお惣菜が届いて、なんだかもう、こんな周り中によくしてもらっていいのだろうか…。

でも、寝ていると悪いことを考えてしまったり、不安な気持ちにもなってしまうのでした。
仕事の引き継ぎを電話でしていたら、ストレスでおなかがぎゅっと固くなってしまったり、出産予定日の12月15日まであと3ヶ月もあることに気が遠くなったり。
でも、今はとにかく赤ちゃんにしてあげられることは安静にすることだけなので、ただただ寝ていようと思います。

携帯のメールアドレスが変わったので、友人たちに近況報告がてら連絡したら、みんなすごく励ましてくれて優しいのでした。
よーし、頑張るぞ。
どうか次の検査で、いい結果が出ますように。
[PR]
by sima-r | 2009-09-15 09:02 | Maternity



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧