生活チープサイド

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

12月の読書

さて、12月の読書です。

12月はまんがばかり読んでいました。
今月は本にあまりいい出会いがなかったのだけれど、まんががよかった!
以前の日記にも書いたけれど、今市子の『百鬼夜行抄』がすばらしい。
会社でオタクをオープンにして以来、いろいろな人がまんがを貸してくれるようになって嬉しいかぎりです。

本の1番は、ウィリアム・プルーイットの『極北の動物誌』でしょうか。
動物学者である著者が、アラスカのタイガとツンドラに生きる動物たちの暮らしを描いた本なのだけれど、文章がとにかくすばらしい。
マイナス40度の世界で、タイガの針葉樹林がどんな音を立てるのか、ネズミやキツネ、オオカミ、カリブーたちがどのように動くのか、ほんとうに生き生きと書かれています。
動物写真家の星野道夫が、この本を読んでアラスカへの憧憬をかきたてられた、というのもうなずける一冊。


■今月読んだ本■

『盗神伝I ハミアテスの約束』 M・W・ターナー/金原瑞人・宮坂宏美訳
『盗神伝II アトリアの女王~復讐(前編)~』   〃
『ブラッドベリがやってくる』 レイ・ブラッドベリ/小川高義訳
『キューソクの野鳥らぷそでぃ』 岩本久則
『サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカンライフ!』 滝田明日香
『極北の動物誌』 ウィリアム・プルーイット/岩本正恵訳
『ムツゴロウの動物巷談』 畑 正憲
『バッテリー1』 あさのあつこ
『すべてがFになる』 森 博嗣
『女子と鉄道』 酒井順子


■今月読んだまんが■

『百鬼夜行抄』(1)~(8) 今市子
『岸辺の唄』 今市子
『花より男子』(1)~(25) 神尾葉子
『観用少女(プランツ・ドール) 』(1)~(2) 川原由美子
『PLUTO』(4) 浦沢直樹
『あたしんち』(12) けらえいこ
[PR]
by sima-r | 2006-12-31 19:45 | Books

おおつごもり

あっというまに、今日はもう大晦日なんですね。

今年も、大きな怪我もなく、病気もせず、元気ですごすことができました。
考えるべきことは多いですが、それらについても逃げずに考えることができたと思います。
親の問題など、まだ解決していないこと、解決できそうもないこともありますが、
短期間で結論を出すのではなく、長い目で考えていけたらと思います。


これから、父と姉と昼食後、そして夫の実家の愛知に向かいます。
皆さんもよいお年を。



--
今月の読書は、年明けにこっそり更新します・・・。
[PR]
by sima-r | 2006-12-31 09:47 | Days

週末。

いろいろなことがあった週末でした。

土曜日。
夫と三鷹でやっていた「はざまえいじ 画と器」展へ。
はざまえいじさんは、新聞やカレンダーなどに作品を発表していた貼り絵画家だ。
知り合いのつながりで行ったのだけれど、印刷されたものを見たときは「ちょっと田舎っぽいかな」と思った画が、原画だとものすごく緻密で、平面なのに立体的でとてもよかった。
竹富島の白いサンゴの道を牛車がやってくるところなんて、石垣に咲いているアカバナーがこぼれ落ちるようだった。
海辺で海亀をみつけた兄弟の画は、その子らの表情がすごく生き生きしていて、夫と、「これは雨上がりに家に内緒で海亀を探しに来たんだね」「このあとお母さんが出てきて怒られるんだよ」と、画の続きを考えたりしていた。

絵が描ける人って、もともと尊敬しているけど、貼り絵っていうのもすごいなあ、と思った。
いろいろ説明をしてくれた家族の方に悪い気がして、夫と絵葉書を10枚ほど買って帰る。

e0098856_20295137.jpg


返す刀で、今度は荒木経惟の「東京人生」のために両国へ。
江戸東京博物館で開催されていたイベントだ。
常設展示の中にまぎれるようにしてアラーキーの写真やビデオが上映されていて、面白い試みだと思った。
「センチメンタルな旅、冬の旅」や「陽子」、「さっちん」など、好きな写真がじっくり見られてよかった。


そしてさらに返す刀で、母宅へ。
クリスマスということで泊まったのだけれど、些細なことで母が激昂したりするので、毎度のことながら疲れきる。
子育てのことなど母を頼ろうかとも思っていたけれど、考え直そうかと思う。

子育てに対して、心からいいものと思えないのは、母の影響が強いよなあと思う。
非常にネガティブな気持ちで、食欲もなくなる。


そして今日、クリスマス当日は、仕事の当番のおかげで朝5時起きで出社。
5時って、まだ夜です。

さらに朝礼の当番でもあったので、全社員の前でスピーチ。(テーマは「自分の目標となる仕事上の先輩をみつけよう!」)

さらに部長の機嫌が非常に悪く、罵声飛びかうすさんだ雰囲気の中で仕事。


なんか、あれですか。
クリスマスイブとクリスマス当日は、天秤座は厄日だったんでしょうか?
[PR]
by sima-r | 2006-12-25 21:26 | Days

大戸屋お茶バー

e0098856_22533283.jpg大戸屋で夕食&お茶バーを飲みながら読書。

最近の大戸屋は、お茶バーがあるところが多くてうれしい。
お茶バーは、深蒸し茶、くき茶、ジャスミン茶、みかん緑茶、黄金桂(烏龍茶)、青じそ茶、生姜ほうじ玄米茶といったさまざまなお茶を、鉄瓶で沸かしたお湯をひしゃくで汲んで淹れる。
特に生姜ほうじ玄米茶が大好きなので、今日も3回くらいおかわりしてしまった。

あまりに好きなので、店員さんに「これ、売ってないんですか?」と聞いてみたけれど、売っていないとのこと。
いやー、絶対売れるって!イッツビジネスチャンスだろう!
と思い、帰ってから大戸屋にメールを送る私。

全国の大戸屋お茶バーファンの皆さん、あのお茶が買えるようになったら、それは私のおかげです。なんて。

---
12/21 返事来ました。販売はやっぱりしていないとのこと。残念!
      でも、こういう市井の声が世を動かすので、言ってよかったと思います。ちぇ。
[PR]
by sima-r | 2006-12-20 23:19 | Days

アロマ生活

ここ数ヶ月、すっかりナチュラルコスメ生活である。

最近、化粧品の保存料や合成の添加物のことについて知る機会があって、以来、中身がよくわからないもの、これが入っているものはやめようと思うものは使わなくなってしまった。
クレンジングをなるべく使いたくないので、石けんだけで落とせるファンデーションやアイシャドウを使うようになったら、崩れるのは早いのだけれど、どんどんもとの肌がきれいになってくるので驚いた。
毛穴、半分とは言わないけど、3分の2くらいに減ったって、絶対!

たいていのファンデーションには、肌を美しく「見せかける」ために、崩れにくかったり、汗をはじいたり、毛穴を埋めたりする成分が配合されている。
それが合成ポリマー、シリコンと呼ばれる物質だ。
成分名は、「メチコン」、「ジメチコン」など。
これらが入っていると、強力に肌に付着してしまうので、石けんだけで落とすのは難しい。
クレンジングを使うと洗浄力が強すぎて、敏感肌の私には刺激になってしまうのだった。

化粧水なども、最近はずっと手作り。
とはいっても、めんどくさがりで適当な私なので、レシピはとても簡単なものなのだけれど。

◆現在のレシピ

 化粧水→  精製水100cc+精油(ラベンダー4滴+パルマローザ1滴)+グリセリン5cc
  オイル→  ホホバオイル30cc+精油(ローズウッド5滴)
  ヘアワックス&ハンドクリーム→ シアバター適量+精油(ラベンダー1滴)

***

アロマテラピーはずっと好きで、じつは検定試験1級も合格していたりするのだけど、こんなに長期、全身に使うのは初めて。
いろんなものが入った高い化粧水とか美容液の方が潤うんでは・・・と思っていたのだけれど、上記のレシピで夜までお肌しっとりです。
化粧水に入れる精油をローズオットー1滴に変えてみたら、ものすごく毛穴がひきしまったし、パルマローザを使うようになってから、肌がやわらかくなったし。
アロマテラピーって、いい匂いなだけじゃないのだなあと今さら実感しています。


ただひとつの問題は、夫がアロマテラピーに理解がないこと。
合成のシャンプーとか、ビオレのボディソープとか、捨てちゃいたいんだけどなあ。
彼に言わせると、アロマテラピーは「線香くさい」のだそうで。
二人暮しは、こういうところが難しいのだなあ。
[PR]
by sima-r | 2006-12-19 23:22 | Days

Range hood with Docomo

e0098856_22104722.jpg
我が家のレンジフード。
何回言っても夫が頭をぶつけてしまうので、やわらかい目立つものをぶらさげてみました。
[PR]
by sima-r | 2006-12-18 22:11 | Days

とにかく読みたい、というエネルギー

土日は、会社のNさんから借りた、今市子の「百鬼夜行抄」を読んでいた。
お、面白い・・・。
ずっと読みたかったのだけれど、なかなかチャンスがなかったのでうれしい。
ひさびさに、自分でも買いたいと思った。
次は波津彬子の「雨柳堂夢咄」も読みたいなあ。

本でもまんがでも、ほうっておくとどんどん増えてしまうので、まずは借りて読んでから買う派だ。
借りられないときは、買って読んですぐに売る。
それでも増えてしまうんだよなあ・・・。

最近、会社でオタクを開放(これまで封印していた)して、ことあるごとに「なんか面白いまんがあったら貸して!」と頼んでいるので、いろいろ貸してもらえて助かる。
長いシリーズを持っている人は、ほんと神!
今後は、「花より男子」 「ONE PIECE」 「鋼の錬金術師」 「ろくでなしBLUES 」を貸してもらえる予定。
対する私のカード(全巻持ってるもの)は、「ガラスの仮面」 「MONSTER」 「20世紀少年」 「動物のお医者さん」 「残酷な神が支配する」、古いところでは星野架名、佐々木淳子諸作品というところ。

本でもまんがでも、なんでもいいからとにかくたくさん読みたい。
何かの役に立てようとか知識を増やそうとかそういう目的意識は全然なくて、とにかく読み続けていたい。
面白いものに出会いたい。
何でか知らないけど、そういうエネルギーばかり持て余している人生です。
[PR]
by sima-r | 2006-12-17 23:42 | Books

EGO-WRAPPIN "Midnight Dejavu" at NHKホール

e0098856_23483178.jpg
メイ嬢とEGO-WRAPPINのライブへ。

ビッグバンド系が好きだと言ったら、メイ嬢が誘ってくれたのだった。
それまで全然知らないバンドだったので、慌ててメイ嬢から借りたCDで予習する私。

会場はNHKホール。
EGO初のホールライブとのことだった。
席は3階だったので、残念ながら顔は見えず。
でも、たくさん金管がいて、金管好きの私はすっかり満足だった。

MCのときのボーカルの良恵さんは、大きな会場に緊張した感じだった。
関西弁で、大きいなあ、と言っていた。
人生は美しい、とも。

あしながのサルバドール、色彩のブルース、くちばしにチェリー。
みんないい曲!

アンコール、なかなか出てこなくて、手がかゆくなるまで拍手した。
バラバラだった拍手が、しだいに波がそろってひとつにまとまる時って、なんであんな気持ちいいんだろう?

メイ嬢と、次はスカパラもいいね!と言いながら帰る。
[PR]
by sima-r | 2006-12-13 23:55 | Days

硫黄島からの手紙

夫は昨日は1日会社の研修で出かけていたのだけれど、夜になって映画でも観ようかと連絡が入った。
以前から観たいね、と言っていたのは「硫黄島からの手紙」。
クリント・イーストウッドが監督した「硫黄島2部作」の、「日本から見た硫黄島の戦い」の話だ。

「硫黄島の戦い」というものを、私はよく知らなかった。
硫黄島という島の名前も、有名な野鳥の観察ポイントとしてしか知らなかったくらいだ。
今にして思えば、戦後、アメリカから日本に返還された後も住人が立ち入ることができなかったために、野鳥が楽園として訪れるようになったのかなと思う。

戦争の映画というものが、私は好きではない。
重くて、辛くて、怖くて、悲惨に決まっているからだ。
そんなもの見たくない。
ものすごーく嫌だ。
それでもやっぱり、それを見る、ことは、遺された者の義務だと思うから観た。

私が女だからだろう。
二宮和成扮する若い夫が、徴兵の連絡を受けたときの妻の気持ちだとか。
いよいよアメリカが上陸してくるというときに、兵士たちがいっせいに千本針を取り出して腹に巻く。
その千本針を縫うのが自分だとしたら、ということばかり考えた。
耐えられない、そんなの。
ほんとうに。

観終わって、手をつないで帰った。
この人が、死んだりしないでほしいと思った。
あんな、自分となんの関係もない荒れた島で、暗い洞窟で、自ら手榴弾で自決するような、そんな目に絶対にあわせないと思った。
どんな卑怯な手を使ってもいいから、生き残ってほしいと思った。

戦争映画って、そう思うために観るものなのかもしれない。
いま、生きて、小さなことで喧嘩したり、おいしいものを食べたり、早起きが辛かったり、人に言われたことでくよくよしたり。
そういう日常がかけがえのないものであること。
それが当然だと思わないこと。
大切な人をいつくしむこと。
[PR]
by sima-r | 2006-12-10 22:46 | Days

しょうが湯レシピ

自分メモ第二弾。
最近、自分内で「ショウガ湯」が流行っているのだけれど、普通はどうやって作るのだろう?
ということで、ショウガ湯の作り方をいろいろ調べてみた。

いちばん多いのは、すりおろしたショウガのしぼり汁とハチミツをお湯で割るもの。
黒砂糖やふつうの砂糖を使ったり、シナモンで風味をつけたり、片栗粉でとろみをつけるものもあった。
また、薄く切ったショウガをお湯で煮て、そこに甘みを加えるやり方もある。
紅茶にショウガを加えたり、味噌汁にショウガを入れるというのもあった。

ショウガの辛味には、ジンゲロールという成分(加熱するとショウガオールという成分に変わる)が含まれていて、これが体を温めたり、吐き気や咳を押さえたりするのらしい。
漢字で書くとショウガは「生姜」だが、これは漢方薬でいうところの「しょうきょう」のことだ。

<ショウガの効能リンク>-------------------------------------------
◆「 引き始めの風邪に効くショウガ湯 」
◆「 つわりの時もおすすめ 」
◆「 生薬としてのショウガ 」
◆「 生薬としてのショウガ2 」 
-----------------------------------------------------------------

ちなみに我が家のショウガ湯は、ショウガひとかけのしぼり汁をお湯でわって、ハチミツと水飴を入れるのが定番。
水飴は、奈良の砂糖傳で買った、米と麦芽でできた飴なのだけれど、これが香ばしくておいしいのだ。
ハチミツだけよりも風味があって、おいしく仕上がります。


あと、ショウガを調べていてみつけたサイト。

◆「 世界の民間療法 」 フランスの赤ワインととき卵と砂糖で作る「ヴァン・ショー」、ちょっとやってみたい。
◆「 風邪の谷の直弼 」風邪をひいたら梅干の黒焼き、的なマユツバ?民間療法。
[PR]
by sima-r | 2006-12-09 15:54 | Foods



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧