生活チープサイド

実家方面へ

実家方面で用事。
気重な仕事だったのだけど、夫がつきあってくれたおかげでとても助かりました。
一人で頑張らないと、と思って初め同行を断ったら、「一緒の方が楽しいじゃん」と言ってくれるスペシャルハズバンド…。

実家近くで、ついでに思い出の場所めぐり。
犬の散歩でよく行った畑道なんて、ぜんぜん変わっていませんでした。
私はこの土地で生まれ、育ち、そしてもう二度とここに住むことはない。
なんだか、いろんな感慨がありました。

母のことからものすごく逃げたい自分と、ものすごく母について語りたい自分の間で葛藤しています。
同じように、親を亡くした人と話したいなあと思います。
でも、痛みは人それぞれだから、なかなかチャンスがあっても話せない私。
難しいな…。
やっぱりこうやって一人で薄れていくのを待つしかないのだなあ。

写真は、実家近くの畑道。
ここを母と犬と歩いたことを思い出しました。

e0098856_0294167.jpg

[PR]
by sima-r | 2008-10-05 00:31 | Days
<< AKIRAセルフストーリーオペ... 「自分らしい」とは >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧