生活チープサイド

母のこと

昨日は入院中の母のお見舞いと、主治医に話を聞いてきました。

母のステージは4、いちばん重いステージです。
今の病院での診断は、手術不可能なので、抗がん剤での治療を勧めるとのこと。

がんについての本はたくさんありますが、母の患う膵臓がんについての本は多くはありません。
そこで、病院帰りにジュンク堂書店の医学書コーナーに行き、患者ではなく医療関係者のための本を読んで、今後の治療方針について勉強してきました。

患者は読まない前提なので、余命についてなどもドライに書いてありました。
やはり、手術ができなければ、私たちに残された時間はあまりにも少ないようです。
でも、医師向けの治療マニュアルを読んだことで、感情的でなく客観的な事実としてそれを受け止めることができました。

今後、病状の悪化にともなって、母はますます私たちの手を必要とするでしょう。
娘としてあらゆることを行いたいと思っていますが、今後は介護や終末治療である緩和ケアについても勉強して、病院との連携をとりたいと思います。

母は病院では死にたくないと言います。
在宅かホスピスでの最期になると思います。
在宅の場合は、家族だけで最期を看取ることもじゅうぶんありえます。
その時に、母に知識のなさから苦しい思いをさせたくない。
そしてまた、医療や看護の専門知識があれば、それは私の自信となり支えとなるでしょう。

私にできることはまだまだたくさんある。
いちばん大切なことは、私が健康であること、精神的につぶれてしまわないこと。
ちゃんと気分転換して、楽しいこともすること。


だから、これを読んでる方、何か気分転換によさそうなお勧めのまんがとか、動物の癒し画像とか、ヒロトのお宝写真とか、そういうのがあったらどんどん教えてくださいね。
[PR]
by sima-r | 2008-03-28 07:45 | Mother
<< 引越前夜 役に立つということ >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧