生活チープサイド

役に立つということ

今日は母の検査入院の初日でした。
今週いっぱいかけて詳しく病状を調べることになるのだけれど、かなり厳しい状況のようです。

感情的なことをブログに書いても仕方がないし、現実的な方針などは書くつもりはないけれど、いちばん思ったことは、私がこれまでに経験したすべてが役に立っているなということだ。

たとえば去年、私が入院して手術したこと。
そのことが、こんなにも役に立つと思わなかった。
母は大きな病気をしたことがないので、入院や検査に対する不安がとても大きかったのだけれど、ほんの小さなこと、たとえば検査の同意書を読むときにいっしょに読んで、ナースステーションまでサインした同意書を持っていってあげるとか、背中をもたれるための枕を看護婦さんに言って余分にもらってきてあげるとか、お茶やテレビカードを買ってくるとか、そういう、ほんとうに小さな、自分でも全然できるようなことでも、不安で仕方ないときにはやってもらえると嬉しいのだ。
そういうことをわかってあげられることが嬉しい。

そしてもう一つ役に立ったこと。
私はアロマテラピーが好きで、趣味で勉強していたのだけれど、それがすごく役に立っているのだ。
母が背中が痛くて眠れないとき、痛みを抑えてリラックスできるような精油をブレンドして背中やおなかをマッサージしてあげたり、心痛でぼろぼろになっている姉の背中をマッサージしてあげたり。
もちろん自分が眠るときもそうだし、今日、母の病室にもありったけの精油を持っていって、行くなりスイートオレンジとレモングラスを香らせた。
病室には独特な臭いがあるから、それを少しでも軽減できたらいいなと思った。

アロマテラピーは代替医療と言われるけれど、そこまでの期待はできなくても、いい香りを嗅げば気分がいいし、気もまぎれるだろう。
私のこれまでにしてきたことが、こうやって役に立つことがうれしい。
[PR]
by sima-r | 2008-03-25 00:06 | Mother
<< 母のこと 3日間 >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧