生活チープサイド

仕事の流儀

毎日きりきり働いています。

どんな仕事でも、その仕事独自の建前ってあると思う。
本音では、楽したいとか、部長死ねとか、無理なこと言う客ぶっとばしたいとかあっても、その業種の掲げる理想、というか。
それを、きちんとスタイルとして持つことができるかどうかが、仕事のできる・できないに関係してくるのではないかなと思います。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組が好きです。
毎回、さまざまなジャンルのプロたちの仕事を紹介し、インタビューの最後に、その人にとっての「プロとは?」という質問をするのですが、それが毎度かっこいいのです。
写真家の上田義彦の答えがかっこよかったなあ。

問い 「あなたにとってプロとは?」
答え 「人に迷惑をかけない」

いわゆる芸術写真ではなく、広告の現場で活躍する彼の言葉だからこそ、うなるものがありました。

私にも、私なりの仕事論があります。
それにのっとって、職場では営業の仮面をつけて、建前の世界を生きています。
むかしは、タテマエってひどいことのように思っていたけれど、今は、建前をきちんと演じきる方がかっこいいなと思います。


いよいよ年度末を迎えて忙しいです。
もう月末、か。
[PR]
by sima-r | 2008-02-29 00:31 | Days
<< イヤホン考 MUSIC & JOG >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧