生活チープサイド

アロマ生活

ここ数ヶ月、すっかりナチュラルコスメ生活である。

最近、化粧品の保存料や合成の添加物のことについて知る機会があって、以来、中身がよくわからないもの、これが入っているものはやめようと思うものは使わなくなってしまった。
クレンジングをなるべく使いたくないので、石けんだけで落とせるファンデーションやアイシャドウを使うようになったら、崩れるのは早いのだけれど、どんどんもとの肌がきれいになってくるので驚いた。
毛穴、半分とは言わないけど、3分の2くらいに減ったって、絶対!

たいていのファンデーションには、肌を美しく「見せかける」ために、崩れにくかったり、汗をはじいたり、毛穴を埋めたりする成分が配合されている。
それが合成ポリマー、シリコンと呼ばれる物質だ。
成分名は、「メチコン」、「ジメチコン」など。
これらが入っていると、強力に肌に付着してしまうので、石けんだけで落とすのは難しい。
クレンジングを使うと洗浄力が強すぎて、敏感肌の私には刺激になってしまうのだった。

化粧水なども、最近はずっと手作り。
とはいっても、めんどくさがりで適当な私なので、レシピはとても簡単なものなのだけれど。

◆現在のレシピ

 化粧水→  精製水100cc+精油(ラベンダー4滴+パルマローザ1滴)+グリセリン5cc
  オイル→  ホホバオイル30cc+精油(ローズウッド5滴)
  ヘアワックス&ハンドクリーム→ シアバター適量+精油(ラベンダー1滴)

***

アロマテラピーはずっと好きで、じつは検定試験1級も合格していたりするのだけど、こんなに長期、全身に使うのは初めて。
いろんなものが入った高い化粧水とか美容液の方が潤うんでは・・・と思っていたのだけれど、上記のレシピで夜までお肌しっとりです。
化粧水に入れる精油をローズオットー1滴に変えてみたら、ものすごく毛穴がひきしまったし、パルマローザを使うようになってから、肌がやわらかくなったし。
アロマテラピーって、いい匂いなだけじゃないのだなあと今さら実感しています。


ただひとつの問題は、夫がアロマテラピーに理解がないこと。
合成のシャンプーとか、ビオレのボディソープとか、捨てちゃいたいんだけどなあ。
彼に言わせると、アロマテラピーは「線香くさい」のだそうで。
二人暮しは、こういうところが難しいのだなあ。
[PR]
by sima-r | 2006-12-19 23:22 | Days
<< 大戸屋お茶バー Range hood with... >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧