生活チープサイド

トシ君のこと

e0098856_2254025.jpg


日曜日。
いい天気だったので、出しっぱなしだった客用布団を干す。

2週間くらい前、夫の高校時代の友人のトシ君が、3泊4日で泊まりに来ていた。
トシ君は、ものすごく気持ちのいい人だ。
コレクターなので、昔のおもちゃや模型など、尋常でない量を尋常でない情熱で集めている人なのだけど、そういう人にありがちな一人よがりなところが全然ない。
話が面白くて気前がよくて優しくて、体も大きいけれど器も大きい。
気配りが上手なのに、気を使わせている!という気持ちの負担を相手に感じさせない。
そんな人だ。

トシ君は、夫の大学時代にも、休みのたびに上京して一人暮しの夫の部屋を拠点にして買い物をしたり遊んだりしていたのだけど、今回もパワフルにあちこち行って、欲しかった鉄道模型もゲットできてほくほくしていた。
(その模型はなんと5万円もするのだった。びっくりする私。)
夫も、夜遅くまで一緒に遊びに行ったり、ふだん私といるときには出さない故郷の言葉で話して楽しそうだった。
こういうのって、ほんと大事だ。
私といるときの相手が全てでないと知ること。

*

布団を干したあと、図書館へ行って本を仕入れる。
Aさんお勧めの「シーラおばさんの妊娠と出産の本」を借りたけれど、冒頭の写真部分が切りとられていた。
信じられない!


写真は、図書館の前のケヤキ。
夕方の弱い光。
[PR]
by sima-r | 2006-12-03 22:03 | Days
<< 冬の読書テーマ ハルノに会いに >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧