生活チープサイド

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

Aさんと別れたあと、なっつんとそのまま「木更津キャッツアイ」へ。

そうか、もう5年になるんだ、と思う。
キャッツのドラマがやっていた頃、私はまだ武蔵境で一人暮らしをしていて、桜並木の横の小さいアパートで、毎週楽しみにキャッツを観ていた。
泊まりに来たなっつんと一緒に、録画しておいたビデオを観て、「バンビ、なんか重い!」とか言いながら観たりしたな。
観そこねた回なんて、ビデオでなっつんに送ってもらったりして。
火曜になるのが待ち遠しかった。
大好きだった。ほんとに。

映画の間、場内のあちこちから笑い声や鼻をすする音が聞こえてきて、みんなでいっしょに観ている!という感じでとてもよかった。
エンドロールが流れても、誰も席を立たない。
場内が明るくなっても、まだ立ち去りがたい。

たくさん泣いてしまったのもあるけれど、観終えたあと、ものすごい頭痛がした。
眉間にずーんとくる重さ。
それだけ集中して観ていたんだなあと思う。

なっつんと、夜の新宿の改札前で30分くらい立ったまま感想を言い合う。
ああ、こういうのも、もうほんと最後なんだよなあ!

e0098856_2157380.jpg

[PR]
by sima-r | 2006-11-18 22:00 | Days
<< ジンギスカン Aさんと会う >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧