生活チープサイド

凧になりたい

先生が、いつ産まれてもおかしくないと言うので、先生が帰ったあと、みっともなくワーワー泣いてしまった。
泣くとおなかが張るから、もう泣いてはいけないのだけど。

赤ちゃんのためにご飯を食べ、赤ちゃんのために眠り、赤ちゃんのために点滴をして、赤ちゃんのために生きている。
赤ちゃんに自分のすべてをあげたいと思っているのに、どうしても自分の側に残ってしまうのが、この、感情というやつだ。
うまく手懐けて、赤ちゃんにそうっと引き渡そうと試みているのだけれど、ときどき獣のように暴れ出してしまう。

入院してから、野坂昭如の「凧になったお母さん」という物語を何度も思い出していた。
燃え盛る空襲のなか子供に覆いかぶさって、文字通り汗と涙と、枯れたはずのお乳を我が子に塗って、子供を守ったお母さん。
あげられるものが何もなくなったとき、お母さんは全身の毛穴から血を噴き出して、我が子を猛火から守り抜いたのだ。

あのお母さんみたいに、私も赤ちゃんに自分の全部をあげたいな。
命なんて、もうとっくにあげてしまった。
あとは、この感情というやつだけだ。
これだけが、私は悲しみたいと、怒りたいと暴れるのだけれど。

これを赤ちゃんにあげることができたら、私はほんとうに奇跡が起こせる気がする。
命なんか感情なんか、全部赤ちゃんにあげて軽くなって、私は空だって飛べるんじゃないかと思う。
[PR]
by sima-r | 2011-08-19 11:59 | 未分類
<< 自分らしいお産 出血 >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧