生活チープサイド

フォローアップ健診へ

昨日はピースケのフォローアップ健診でした。

フォローアップとは、小さく産まれたり出生時にトラブルがあった子供が、自治体の健診とは別に産まれた病院などで発達の度合いを診てもらう健診です。
頻度は、ピースケの場合は3カ月おき。
これとは別に自治体の健診も受けているので、母子手帳の健診欄はいつもぎっしりです。

前回のフォローアップでは鉄欠乏性貧血の可能性を指摘され、その後の血液検査でやはり貧血だとわかって、2か月間ずっと鉄剤(まずい)を1日3回飲んできたピースケ。
その甲斐あって、鉄の数値は正常になりました。
あと1カ月鉄剤を飲めば完了とのこと。
嬉しい~。
鉄剤は、変な甘さのあるまずいシロップで、ピースケは最初飲むのに苦労していたのですが、スプーンでなくストローで飲むようにしたら上手に飲めるようになりました。
よく頑張った!ピースケ!

その他の問題は、今のところは特になさそうです。
ただ、心音を聞いていた先生が「うん!雑音もずいぶん小さくなったね!」と言ったのでびっくり。
雑音なんか聞こえていたのか…。
家に帰って調べたら、普通に産まれた子でも心雑音のある子はわりといるらしいけれど、未熟児だとやはり多いようです。
もう普通に産まれた子に身長や体重は追いつくくらい大きくなったけれど、中身はまだまだゆっくりなんだなあ。
ピースケのペースで、のんびり成長してくれればそれでいい。
たとえ、今はわかっていないトラブルが今後出てきたとしても、親子でそれを学びながら、一緒に育っていこうと思います。

ちなみに、身長は75.5センチ、体重は9.5キロになりました。
手づかみ食べも上手になって、スプーンも頑張って使っています。(まだ下手だけど)
アレルギーも強いのはなさそうなので(時々、卵白とか肉で発疹ができるくらい)、様子を見ながら量を加減してあげていけばいいようです。

ピースケを見ていると、成長ってすごいなあと思います。
昨日できなかったことが、今日できるようになる。
そうやって変わっていこうとするものなんだなあ。
強制されてできるようになるんじゃなく、自分でそうしたいから努力して変わっていく。

握りしめた人参スティックを、最初は手から出てるところしか食べられなかったのに、今では手を開いて食べられるようになったピースケ。
手で食べるだけじゃつまらなくなって、スプーンを私から奪い取って自分ですくって食べようとするピースケ。
テーブルにつかまり立ちして、遠くのおもちゃが欲しくてよろよろ歩くピースケ。

そんなピースケの成長を見ていられて、私はほんとうに幸せだなあ。
私も、ピースケと同じように、毎日何かを学んで、できるようになろう。
家族みんなで、一緒に成長していこう。
[PR]
by sima-r | 2010-10-19 09:30 | Maternity
<< ピースケの誕生日 9月の読書 >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧