生活チープサイド

ピースケのやけど

昨日は、選挙の帰りにずっと行ってみたかった近所のお蕎麦屋さんへ。

座敷だったのでピースケを寝かせることもできたし、とてもおいしくてよかった。
でも、ここで、あっと驚くことが。

私が頼んだのはざるそば。
そばにはそば湯がつきもので、そば湯好きの私は食後に何杯も飲んでいた。
そうしたら、机の中ほどに置いた熱々のそば湯入りのそばちょこを、一瞬の間にピースケがひっくりかえしてしまったのだった。

お湯がかかったのはピースケの手だけだったので、とっさにお冷やの水をぶっかける私。
スペハズのお冷やに手を突っ込ませたら、痛いのか異常な雰囲気が怖いのか、泣くピースケ。
お店のおかみさんが、氷の入った水をボウルに入れてきてくれて、それにおしぼりをつけてしぼって冷やした。

幸い、赤みはしばらくしたら引いてくれたのでよかったけれど、本当に肝が冷えた!!
これが焼き肉の網だったり、そば湯がもっともっと熱かったりしなくてよかった…。
蕎麦屋のおかみさんはすごく親切な人で、ピースケのためにアロエ(やけどに効く)をちぎって持ってきてくれたり、うちで育てられるように株分けまでしてくれたのだった。

ピースケは、どんどん動ける範囲が広がっている。
ハイハイはまだだけれど、腕立て伏せのような動きで少しずつ前進もできるようになった。
手先も器用になって、握力なんてとても強い。
まだまだ赤ちゃんだと思って、油断してちゃだめなんだな。
気をつけよう!
[PR]
by sima-r | 2010-07-12 07:12 | Maternity
<< フォローアップ健診へ 生きていないと >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧