生活チープサイド

生きていないと

子供が産まれてからよく思うこと。

最近、光市の事件を、よく思い出す。
あの、18歳の少年が23歳の母親を強姦して殺し、11カ月の子供も殺害した事件だ。
あまりに残酷な事件だったし、どうしてこんなことが起きてしまったのだろうと、本も何冊か読んだことがある。

もうひとつ思い出す事件は、病気の母親がトイレで力尽きて亡くなってしまい、残された1歳の子供が布団の上で餓死してしまっていたという事件。
布団の周りに、お菓子の袋や砂糖の袋まで散らばっていたと聞いて、何度思い出しても涙が出る。
どちらの事件もずいぶん前のことになってしまったけれど、子供が産まれた今、それらを思い出すとあまりにも辛い。

お母さんが殺されてしまって、動かなくなって、どんなに怖かっただろう。
泣いても泣いてもお母さんが抱っこしてくれなくて、どんな思いをしただろう。
おなかがへって、のどが渇いて、どんなに、どんなに辛かっただろう。
これを書いている今も、そう思うと涙が止まらない。


そして思う。
私は絶対に、生きていないといけない。
病気も怪我もしないで、ピースケのそばにいよう。
ピースケがいつか母親を必要としなくなるまで、私は何があっても生きよう。生き残ろう。
それくらいしかピースケにしてやれることがなくても、ピースケを守るために、私は自分のことも守らなければいけないんだな。
[PR]
by sima-r | 2010-07-10 13:07 | Maternity
<< ピースケのやけど 使えない図書館 >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧