生活チープサイド

ナチュラルな人たち

最近考えていること。

ナチュラルなものがいいわけじゃない。
自然だから良いわけではない。
あまりにそういうことばかり言う人は、ちょっと違うのではないかなと思った。

出産直前に私が怒りまくっていた自然分娩を礼賛する人もそう。
それ以外でも、昔の日本を必要以上に美化したり、農薬を使った農業を批判したり、沖縄の基地問題なんかも「絶対国外で」と主張したり。
「正論」ばかり言う人は、どこかかたくなで、視野がとても狭いのだなあと思う。

その視野の狭さに、その人たちだけが気づいていない気がする。
それどころか、そういう人たちは、「自分はナチュラルな思考を持てる自由で視野の広い人」だと思っているように感じる。
そういう人と話をするのは、とても難しい。

この間、銀色夏生さんのエッセイの中で、「昔の日本の古いものを礼賛する人がいるけれど、日本人は古いものを大切のするのと同じくらい新しいものが好きなんだ」というようなことが書かれていて、なるほど~と思った。
寺も好きだが、ペッカペカの新築マンションも大好き。
そういう民族なんだよなあ、日本人て。
寺だって、最初に建った時はきっとペッカペカだったと思うのだけど。

私だって、手作り石鹸大好きだし、コスメはついナチュラルなものを・・・と思ってしまったりするけれど、それがいちばん!とは思わないようにしよう。
ひとつの価値観でしかものを見られない、つまらない人間にはならないようにしよう。
[PR]
by sima-r | 2010-06-19 08:07 | Days
<< 6月の読書 ぐるぐる >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧