生活チープサイド

この街で

昨日は、初めての三種混合の予防接種へ。
三種混合は全部で4回受けなくてはならないので、その初回だった。
小児科は、アレルギー科も併設の小さな医院。
いちばん近いのだけれど、それでも徒歩30分だ。
行きはタクシーを使ったけれど、帰りは歩いてみたら膝がものすごく痛くなってしまった。
指も手首も腰も足も痛いし、子育てしているとあちこち痛くなるものなんだなあ~。

今の家は、最寄り駅まで徒歩35分もかかる不便なところだけれど、周囲は畑ばかりののんびりしたところだ。
夫と下見に来た時に、二人ですっかり惚れ込んだこの街。
家からコンビニへは徒歩で10分以上なのに、野菜の無人販売は徒歩圏に7軒もある。
小川が流れ、道を歩けば鳥がたくさんいる。

野鳥が多いのも、うれしいことのひとつだ。
この間、とても暖かかったのでピースケを抱いて散歩に出かけた。
20分くらいの間に見られたのは、スズメ、ヒヨドリ、キジバト、セグロセキレイ、メジロ、ジョウビタキ、ツグミ、コサギなどなど。
きっとまだまだいるんだろうな。
いずれ庭に餌台を作るぞ!

自然がいっぱい、だけど不便。
こんなところに住もうと思ったのは、やっぱり子供ができたからだった。
自分が子供のころ、畑の多い都下の街で育った。
野鳥の観察も、食べられる野草も木の実も、みんなそこで学んだ。
同じことを、子供に経験させてあげたい。
駅近だのコンビニ至近だのは、大人になったら簡単に選べる。(狭くて高いけど)
でも、土の匂いを、草いきれを、大人になってから選ぶのは、かなり意識しないとできない。

裸足の指の間を通る泥のぬくもり、摘み取った草の汁と汗の匂い。
日向に捨てられた大根葉の匂い、野焼きの煙。
笹笛の音、木登りした手のひらの熱さ、木の下には秘密基地。

感傷の押しつけかもしれないけれど、それをピースケが選べると思うだけで、私はなんだかもう一度自分が生き直せるような気がするのです。
[PR]
by sima-r | 2010-01-27 20:36 | Days
<< 赤ちゃんの笑顔 燃ゆる想いを >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧