生活チープサイド

入院決定

やはり入院になってしまった。
昨日病院へ行って診てもらったところ、子宮頚管の長さは2センチを切ってしまっていたのだった。
前回3.5センチだったのに…と聞くと、頚管が長くなることは普通なくて、測るタイミングの違いだろうとのこと。
間違いないのは2センチないということだそう。
今はベッドに空きがないので、明日月曜に病院に電話して空き状況を聞いて入院ということになった。
入院したら、7〜8週間は入院になるとのこと。

ときどき我慢できなくて片付けをしてしまったりしたけど、他はずっとずっと横になって、トコちゃんベルトで骨盤を縛り上げていたのにな。
しょんぼりだ。

でも、これは病気のためではないから。
一昨年、子宮外妊娠で緊急入院したあの時とは違う。
去年、末期がんの母の闘病で泊り込んだ大学病院やホスピスとは違う。
あと2ヶ月半を目標に頑張れば、赤ちゃんに会える。
楽しい、嬉しいことのための苦労だ。

でも、こんなことになるなんて思っていなかったから悲しいな。
母親学級も一度も行けず、ちょっと憧れてたマタニティヨガも参加できず。
秋冬に着ようと買ったマタニティウェアも、入院中はパジャマだから着られず。
夫と2人で両親学級に行ったりしたかったな。

心配していた入院費用は、切迫の場合は保険がきき大部屋も差額ベッド代がかからないそうなのでなんとかなりそうだ。
でも、ネットでついつい切迫早産について調べていたら、出産で入院する人が、「大部屋だと切迫の人とかも同室なので気を使うから嫌だ」と書いてあるのを見て暗い気持ちに。
さらに、「妊婦友達のこれこれな言動が腹立つ!その人なんて切迫で自宅安静になってるくせに!」みたいなことを書いている人もいて、さらに暗い気持ちに。

悪いことしたから切迫になったんじゃない。
でも、切迫の人をそんな風に見る人だって、世の中にはいるんだな。
いろいろ調べて思ったのは、切迫早産になるかならないかは、体質や運によるところが多いということだ。
たとえば仕事をすぐ辞めていたとしても、栄養たっぷりのご飯を食べて規則正しい暮らしをしていたとしても、健康な妊婦とまったく同じことをしていても、なるときはなる。
わかっていても自分を責めてしまいがちだけれど、ましてや切迫に縁のない人ならなおさらだろう。
そうか、そうなんだな。

まだどんな人と同じ部屋になるかわからないけれど、私はほかの人のストレスにならないよう過ごそう。
どんな人も、入院してる人は人生の一大事の時をすごしている。
どうか、入院が短くてすみますよう。
夫と気兼ねなくしゃべれたり、猫のおひげといっしょにすごせる時間が少しでも多くもらえますように。
[PR]
by sima-r | 2009-09-27 20:53 | Maternity
<< 明日入院!! 安静の敵 >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧