生活チープサイド

切迫早産

土曜日、検診で切迫早産の診断を受けてしまいました。
9月に入って仕事の引き継ぎが忙しく、早退どころか残業までしていた り、無理が続いていたのかもしれません。
10月から産休なので、あともうひとふんばりと頑張ってしまったんだなあ〜。

診断によると、子宮の出口にあたる子宮頸管という部分が4センチ 以上なければならないところ、私は2センチ程度しかなくなってい るとのこと。
0センチで出産になってしまうので、導火線に火がついたような気持ちです。
まだ7ヶ月、26週なので、いかに今の医療が進んでいても、 今生まれたら致命的だと何度も言われました。
入院が必要なレベルだけれど、とりあえず自宅で安静にして1週間様子を見て 、次回の検査結果で入院になるか決めることになりました。
自宅安静とは薬を飲んでただ寝ているだけなのですが、入浴もだめで家事一切はアウト、まさに寝たきりの生活です。
トイレに行くときだけは立てるので嬉しい…。

しかし一日中寝ていると、ただでさえ妊娠してから痛かった腰がものすごく痛むのでした。
5分も同じポーズがとれず、眠れなくて心が弱り、安静初日からめそめそする私…。

しかし、そこで登場するのが我がスペシャルハズバンドなのでした。
ああ、スペハズ伝説よ再び…。
2年前に私が子宮外妊娠で入院したときも、去年、母の闘病で人生最大のピンチが襲ってきたときも、夫は獅子奮迅の大活躍で助けてくれたのですが、今回もまた新たなる伝説が!

土曜の診断を聞くや否や、起き上がれなくなる私のためにiPhoneを契約しに行き(普通の携帯はネットが不便なので)、食料の調達、 食事の支度や家事一切を引き受け、腰痛を訴える私用にムアツ式の高い布団を買いにいき、寝てるだけで暇だようとわがままを言えばドラクエも買ってくれ、こんなに甘やかされていいのか!というくらい頼もしいのです〜。(のろけ)
特に布団は素晴らしい効果で、これまで苦しんでいた骨盤の痛みはまったくなくなりました。
長時間寝ているとさすがに腰が痛みますが、普通の布団に比べたら全然違うのでした。

そして平日の食事はどうしよう?と思っていたのですが、月曜の朝には義母からトロ箱にぎっしり入った手作りお惣菜が届いて、なんだかもう、こんな周り中によくしてもらっていいのだろうか…。

でも、寝ていると悪いことを考えてしまったり、不安な気持ちにもなってしまうのでした。
仕事の引き継ぎを電話でしていたら、ストレスでおなかがぎゅっと固くなってしまったり、出産予定日の12月15日まであと3ヶ月もあることに気が遠くなったり。
でも、今はとにかく赤ちゃんにしてあげられることは安静にすることだけなので、ただただ寝ていようと思います。

携帯のメールアドレスが変わったので、友人たちに近況報告がてら連絡したら、みんなすごく励ましてくれて優しいのでした。
よーし、頑張るぞ。
どうか次の検査で、いい結果が出ますように。
[PR]
by sima-r | 2009-09-15 09:02 | Maternity
<< 一日千秋 夏だな >>



日々思うこと。
るい 33歳女子。
<家族> 
夫 (スペハズ)
息子(ピースケ)
猫 (おひげ)
今日のピースケ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧